原美術館「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展

2008年 12月 22日 14:45 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジム・ランビーは、良質なロック・バンドを多数輩出していることで知られる、スコットランド・グラスゴーの出身。しかもティーンエイジ・ファンクラブの前身バンド、ザ・ボーイ・ヘアドレッサーのメンバーだったこともあって、ミュージシャンの友人も多数。おそらく彼にとって音楽とは、呼吸するのと同じくらい生きて行く上で必要不可欠なことだ。


 作品タイトルに数々のバンドやミュージシャンの曲名を使用し、本展タイトルに、ジョイ・ディヴィジョンのアルバムタイトル「アンノウン・プレジャーズ(未知の快楽)」をつけているのも、彼にとってはごく自然なリミックス感覚。まっさらな気持ちで空間を楽しめるのはもちろん、音楽ファンがマニアックな発見で楽しむこともできる本展覧会、ぜひ会期中にその場に足を運んでみてほしい。

ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ
 原美術館 東京都品川区北品川4-7-25
 開催中~2009年3月29日(日)
 Open.11:00~17:00(入館は閉館の30分前まで/水曜のみ20:00まで開館。祝日を除く)、月休(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始(12月29日~1月5日)
 お問い合わせ:tel.03-3445-0651

取材/草野恵子

Related article

  • ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
    ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
  • 紙製品の新ブランド「No.62」
    紙製品の新ブランド「No.62」
  • ヴェルナー・パントンの「干草の山」とは?
    ヴェルナー・パントンの「干草の山」とは?
  • 期待の若手写真家・木寺紀雄作品集「meisje / メイシェ。」
    期待の若手写真家・木寺紀雄作品集「meisje / メイシェ。」
  • "アラーキー"のこれまでとこれから「往生写集―東ノ空・PARADISE」開催
  • 2012ゴールデンウィークは渋谷ヒカリエへ
    2012ゴールデンウィークは渋谷ヒカリエへ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「絵画の在りか」を探す、若手ペインター展
  • 2
    iPod nanoをアップデート、縦型で17,800円より
  • 3
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 4
    10月6日より第33回 国民文化祭、第18回 全国障害者芸術「おおいた大茶会」開催!
  • 5
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から
  • 6
    映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
  • 7
    F1級の超軽量・高性能、オーデマ ピゲ2010年新作
  • 8
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 9
    25日から必見の「Exhibition : Lighting Art」
  • 10
    ルイーズ・キャンベルの新作照明

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加