『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」

2008年 12月 24日 17:50 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルリンを拠点に活動をしているアーティスト・島袋道浩氏。東京・外苑前のワタリウム美術館で、日本国内では初となる大規模な個展「島袋道浩 展:美術の星の人へ」が開催されている。

 島袋氏は90年代の始めより、その土地ならではの要素(素材や人、場所)を使いパフォーマンスや展示、インスタレーションを行ってきたアーティストである。例えば、「鹿をさがして」は、茨城県守谷町でいるはずもない鹿を探し、その模様をビデオや写真、本に収めて展示をした。「キュウリの旅」というプロジェクトでは、ロンドンからバーミンガムまでボートで旅をする中で、キュウリがピクルスになっていく、その間に生まれた豊かな時の流れを映像に収めて展示し、一冊の本にまとめた。(絵本『キュウリの旅』は現在発売中)

 さっそく展示を見て行くことにしよう。「2、3階の展示室、屋上、4階、そして美術館外の作品の順に見て行くのがおすすめのルートです」と、ワタリウム美術館広報・森さん。「美術館外?」と首を傾げたが、ひとまず2階から見て行くことにする。

 最初に出迎えてくれたのは、水槽に入れられたいくつかの野菜。左の水槽にはトマトだけ。右側の水槽にはさつまいもやじゃがいもなど数種の野菜が入れられている。それだけである。目の前の水槽の中で、野菜はとどまることがない。生きもののように、常に揺らいでいる。そして、こうやって置いてあるだけで、「何故、同じトマトでも浮くものと沈むものがあるんだろう?」と考えてしまう。


「浮くもの/沈むもの」2008

 昨年ソウルで作られた映像作品。夜明けにアートソンジェセンターの屋上に人々を招待し、太刀魚に朝日の光を反射させて韓国の人たちとコミュニケーションを図るというプロジェクト。何故、太刀魚かというと、日本、韓国、両方の海で獲れ、それぞれの手法で料理されている素材であるから。その共通項をもとに、言葉ではない太刀魚によって対話がなされた。画面の中で太刀魚が料理されている様、そしてそれを大勢の人が囲んでいる姿は、なんともほほ笑ましい。


「アートソンジェ山の夜明け」2007 Korea

 ポスターである。美術館外の作品とはこういうことだったのだ。アーティストブック1は、とある青山の八百屋さんで、2はビッグイシューという路上で雑誌を売っている方から購入することができる。


「運が良かったら買えるアーティストブックのための案内ポスター」2008

Related article

  • 「ヴィヴィアン・ウエストウッド オーパス展」が開催
    「ヴィヴィアン・ウエストウッド オーパス展」が開催
  • 23日まで、佐々木耕成「全肯定 OK. PERFECT. YES.」
    23日まで、佐々木耕成「全肯定 OK. PERFECT. YES.」
  • 未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結
    未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結
  • コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • Interview:後藤繁雄「今を生きる」アーティストを感じよ
    Interview:後藤繁雄「今を生きる」アーティストを感じよ
  • 【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ
    【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「神々のたそがれ」
  • 2
    ロンドンのギャラリー「コンクリートハーミット」がコンランショップに
  • 3
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 4
    「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
  • 5
    ミラノサローネ2010、Kartellが真っ黒に!
  • 6
    アート?家具? イタリア家具「カッシーナ」が展覧会を開催
  • 7
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 8
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 9
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 10
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加