横浜美術館で「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」

2009年 3月 27日 23:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 液体を紙に落としたときの染み、それは一時も形をとどめない液体が形となるもの。それを切り抜いた断片が大量に使われている作品が《Muddy Stream from a Mug》シリーズだ。「形のないものを形にする」という金氏の言葉にあるように、この世界にある移ろいやすいものたちを、すくいあげて切り取り、積み上げて増殖させていく感覚。


《Muddy Stream from a Mug ♯8》2006年 木、木製品、プラスティック製品、ホットグルー、コーヒーの染みの切抜き 27.5×24.5×h.22cm Courtesy the Artist Photo:eric

 展覧会最後の部屋の中央に位置するのが、大量のバケツやコンテナを使った《Ghost Ship in a Storm》だ。バケツやコンテナの内側には白い石膏が流し込まれていて、「空白」が埋められている状態となっている。「空白のかたち」を再認識する瞬間。 


《Ghost Ship in a Storm》2009年 プラスティック製品、石膏

 最終目標としては「映画をつくることと、油絵具で抽象画を描くこと」と語る金氏。映画は「リアリティがあるけれど形のないもの」、そして抽象画は「抽象的な要素だけで構成される、具体的なもの」。方向性としては両極端に位置するものだが、そのどちらに対しても旺盛な創作欲をみせる。その作家としての可能性はさらに広がっていくに違いない。会期は5月27日まで。

「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」
 横浜美術館 横浜市西区みなとみらい3-4-1
 開催中~5月27日(水) 木曜日休館
 Open.10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)

お問い合わせ:横浜美術館 tel.045-221-0300
金氏徹平:溶け出す都市、空白の森 | 横浜美術館

取材/草野恵子

Related article

  • タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」
    タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」
  • 今週末見るべき映画「グレート・ビューティー/追憶のローマ」
    今週末見るべき映画「グレート・ビューティー/追憶のローマ」
  • 日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展
    日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展
  • 今週末見るべき映画「悪童日記」
    今週末見るべき映画「悪童日記」
  • 三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
    三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
  • 銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
    銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトイメージングエキスポ2007
  • 2
    レイングッズだから楽しめるド派手カラーの雨の日アイテム
  • 3
    今週末見るべき映画「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
  • 4
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • 5
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 6
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 7
    シュールに歪んだデビアス銀座が3/20オープン
  • 8
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 9
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 10
    2018年12月15日~2019年2月2日(土)Ahn Jun「One Life」展 CASE TOKYO

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加