吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート

2009年 4月 3日 17:50 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザイナー吉岡徳仁・監修によるカルティエ特別展「Story of・・・」カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶が、3月28日より東京・上野の東京国立博物館で開催されている。


(c)Cartier

 明治の歴史的建造物として名高い、東京国立博物館 表慶館を舞台に、2フロア計8つの部屋で構成されている本展。カルティエにとっても初の試みが満載されるという内容なだけに、注目度も高い。ひとつひとつのコレクションにまつわる「物語」を中心に、合計276点の壮麗なるクリエイションは、どのように展示されているのか? 本展の見どころのポイントをここでご紹介しよう。

1F/ルームA・B

 まずなんといっても明治期の美しい建築とカルティエジュエリーのすばらしい融合に注目してほしい。


(c)Cartier

 1階会場のふたつの部屋には、カルティエの草創期(1850年頃)から1955年に至るまでの計159点にのぼる希少なアーカイブスが一挙公開されている。光を落とした空間で、ドラマティックに浮かび上がる美しいジュエリーの数々。1点1点、職人技によるすばらしいクリエイションには思わず息を呑む。

Related article

  • ウェスティン×森田恭通の「ヘブンリーベッド」10周年記念モデル
    ウェスティン×森田恭通の「ヘブンリーベッド」10周年記念モデル
  • インタビュー:ギ・コジュヴァル オルセー美術館館長
    インタビュー:ギ・コジュヴァル オルセー美術館館長
  • 「スイーツ&サイエンス」 ピエール・エルメ・パリの新作
    「スイーツ&サイエンス」 ピエール・エルメ・パリの新作
  • TIME & STYLE×文田昭仁「LOCUS」シリーズを発表
    TIME & STYLE×文田昭仁「LOCUS」シリーズを発表
  • ミラノサローネ、松下電工と世界的デザイナーのコラボ
    ミラノサローネ、松下電工と世界的デザイナーのコラボ
  • アート・ディレクター、堀内誠一の世界
    アート・ディレクター、堀内誠一の世界

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • 2
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 3
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」
  • 4
    フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」インテリア
  • 5
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 6
    CLASKAによるバイリンガル東京ガイドブック
  • 7
    ノールのラグジュアリーなテキスタイル
  • 8
    マネキン型ロボット「Palette」、和光ショーウィンドウに出現
  • 9
    フォトギャラリー:「MINI クーパー コンバーチブル」
  • 10
    今週末見るべき映画「ブンミおじさんの森」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加