村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中

2009年 4月 27日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 発売中の「Casa BRUTUS 5月号」には、世界的アーティスト村上隆氏の花柄模様の小皿が1冊に1つ付録としてついている。これは、村上氏とマガジンハウスの「Casa BRUTUS」、そして日本各地の伝統技術を現代に生かす政府の支援プロジェクト「JAPAN BRAND」のコラボレーションによって実現した夢の豪華付録企画だ。


 「しょせん付録。どーせ紙皿でしょ」と思いきや、食器として何度でも洗って使えるプラスチック製。しかもただのプラスチックではなく、本体製作は石川県山中塗りの漆器ブランド<NUSSHA>による。

 製造工程を少し紹介すると、花柄模様をまずは友禅の着物地にプリント。次にこの布を樹脂加工し成形。そして最後の仕上げに漆風の塗りを加えたという、すべて熟練職人の手作業によって完成された、ちょっぴり和テイストな小皿。製作はデザインの段階からすべて一貫してCasa編集部が責任を持ってディレクションしたもの。(製作工程はCasa本誌に掲載)

 ところでこの小皿、大きさは直径11cm。表は村上氏によるハッピーでとてもラブリ~な花柄、裏は漆テイストのキュートなパステルピンク。実はこの企画にあたって、村上氏からはこの花柄と桜の花柄の2種類のデザインが提案されていたという。いずれもサンプルを作って検討した結果、村上氏自身がこの花柄に決定した。

Related article

  • フォトギャラリー:スペインの光 - Spainalight
    フォトギャラリー:スペインの光 - Spainalight
  • 今週末見るべき映画「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」
    今週末見るべき映画「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」
  • フォトギャラリー:「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」
    フォトギャラリー:「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」
  • 大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • ビブリオファイル Cruising 12月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 12月のおすすめ
  • 池田晶紀+ワタナベアニ+常盤響「さんにんのパリ」写真展
    池田晶紀+ワタナベアニ+常盤響「さんにんのパリ」写真展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトイメージングエキスポ2007
  • 2
    レイングッズだから楽しめるド派手カラーの雨の日アイテム
  • 3
    今週末見るべき映画「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
  • 4
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • 5
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 6
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 7
    シュールに歪んだデビアス銀座が3/20オープン
  • 8
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 9
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 10
    2018年12月15日~2019年2月2日(土)Ahn Jun「One Life」展 CASE TOKYO

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加