エリオット・アーウィット 独占インタビュー

2009年 5月 14日 11:50 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1928年生まれのエリオット・アーウィット。80歳を越えた現在でも世界を飛び回る写真家だ。ドキュメンタリーやコマーシャル、ファッションなど幅広いフィールドでの活動を続けており、その思いがけない瞬間をとらえた作品は、何者にも真似ることのできないスタイル。

 今回はライカ銀座店オープン3周年を記念して行われている写真展 「New York and Dogs」のために来日したアーウィット氏に、さまざまな話を聞いた。


——アーウィットさんの写真は、決定的瞬間を捉えているとつねづね感じています。今回の展覧会のテーマは「New York and Dogs」ということですが、特に犬が空中高くジャンプしている写真には驚きました。あれはどういうシチュエーションなんでしょう?

アーウィット 犬を撮るときによくやっているのですが… 犬に向かって吠えると飛び上がるんですよ、「バウ!」って(笑)。吠え方は犬によって変えてますけどね。これはスイスの犬だったので、スイス語で吠えました(笑)。もちろん、犬によっては無視されることもあります。


——本展では生き生きとした犬の写真をはじめ、たくさんの決定的瞬間を捉えた作品が展示されています。なかなかうまく瞬間をとらえることのできない素人の我々ですが、何かコツがあったら教えていただきたいのですが…。

アーウィット 写真を撮るというのはそういう瞬間を捉えることがすべてなので、どうと言われても難しいのですが… ひとつアドバイスするとしたら、携帯では写真を撮らない方がいいでしょう。ちゃんとしたカメラを使って撮ることが大事だと思います。

——たとえばですが、枚数をたくさん撮るべきなのでしょうか。

アーウィット 違います。私は数少ないコマ数しか撮りません。後から整理も大変ですし、たくさんは撮らない方がいいでしょうね。自分が何を撮りたいのかにもよりますが… あの方はずいぶんたくさん撮っていますがね(笑)。(と、インタビュー中のアーウィット氏を撮影しているカメラマン氏を指してニコリ)

写真は釣りと同じようなところがあって、釣れることもあれば釣れないこともあります。食べられない魚ばっかり釣れることも、もちろんあります。だから、釣り人が鳥がたくさん群がっているところに行くように、私も何かが起こっているところには積極的に行くようにしますね。

Related article

  • 今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
    今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
  • 今週末見るべき映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」
    今週末見るべき映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」
  • 130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
    130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
  • 森英恵が選んだ若手クリエイターの作品展
    森英恵が選んだ若手クリエイターの作品展
  • 大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)
    大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)
  • 今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
  • 2
    ランボルギーニ「アヴェンタドール J」を世界初公開
  • 3
    皮肉とユーモアたっぷりのイラストレーション「ボブ・ギル回顧展」
  • 4
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 5
    「イスラエル映画傑作選」 東京フィルメックスレポート
  • 6
    「レンジローバー・イヴォーク5ドア」が初公開
  • 7
    ザハ・ハディドのソファ、B&B Italia新作
  • 8
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • 9
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 10
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加