今週末見るべき映画「ハゲタカ」

2009年 6月 5日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「誰かが言った 人生の悲劇は二つしかない 金の無い悲劇 そしてもうひとつは金のある悲劇」

 このセリフで話題を呼んだNHKのテレビドラマ「ハゲタカ」が、映画になった。ドラマ「ハゲタカ」は、企業買収を仕掛けるファンドマネージャー鷲津政彦と、経営不振の銀行や買収される企業の現実を描き、好評であったと聞く。


 映画「ハゲタカ」(東宝配給)は、その後のサブプライムローンの破綻、リーマン・ショックと、世界的不況、金融危機が取りざたされている環境を織り込んでの映画化である。まことにタイムリー、映画化も当然の流れかもしれない。

 「ハゲタカ」とは、企業を買収、乗っ取る連中のことで、株価がまだ安値のうちに多く買い集め、株価を高くして売り抜く。まさに、だましだまされのマネーゲームである。かつて企業買収に辣腕をふるった鷲津は、そのような仕事から距離を置いて、いまは外国で暮らしているという設定から映画は始まる。

 日本の誇る自動車メーカーの業績が思わしくない。そこに、膨大な資金をバックにした中国系ファンドが買収に乗り出してくる。鷲津は、銀行時代のかつての同僚、いまは自動車メーカーの役員になっている芝野の要請で、中国系ファンドによる買収を阻止するべく、行動を開始する。

 中国系ファンドが展開するのはTOB、公開株式買付けで、これは敵対的乗っ取りである。中国系ファンドが株を買い進めていく。鷲津ファンドも、友好的株式公開買付けで応戦するが、資金量は圧倒的に中国系が有利である。自動車メーカーは、ついに買収されることになるが、ここから鷲津ファンドの、新しい手口の反撃が始まっていく。


 金融関係の専門用語が飛び交い、やや、見ていて理解しづらい部分もないことはないが、展開はまことにスピーディ。金融のマネーゲームを描きながら、人が働く意味を、登場人物がそれぞれの立場で、考え、悩む。中国系ファンドに接触される自動車メーカーの派遣工も登場したりで、リアリティがある。

 一見、正義と悪に分類されがちな物語だが、決して誰も正義ではなく、悪でもない描き方で、好感が持てる。悪役的雰囲気の自動車メーカーの社長が、社員やその家族のために、企業は収益をあげるものだと断言したりする。  

 マネーゲームに勝ったとはいえ、それが人生の勝者なのかは分からない。映画は、金をたくさん稼いだのが勝者、と断言もしない。働き、生きる人間には、それぞれの境遇があり、それぞれの理想があり、仕事に打ち込んでいる。金をめぐって、人が働くことの意義は何なのかを、あらためて考えさせてくれる。

 かつて、鷲津の手法に憧れた中国系ファンドの仕掛け人の素性が判明する。その背景は、切ないものがある。マネーゲームを通じて、いまという時代を、真正面から描いたといえる。

 主役の鷲津に扮する大森南朋が、カッコよすぎるくらい、うまい。脇も芸達者、芝野を演じる柴田恭平が光る。監督は、NHKのドラマも演出した大友啓史。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ホース・マネー」
    今週末見るべき映画「ホース・マネー」
  • 今週末見るべき映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
    今週末見るべき映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
  • ムーンライト 【今週末見るべき映画】
    ムーンライト 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「ヘイル、シーザー!」
    今週末見るべき映画「ヘイル、シーザー!」
  • 今週末見るべき映画「星の旅人たち」
    今週末見るべき映画「星の旅人たち」
  • 今週末見るべき映画「魔笛」
    今週末見るべき映画「魔笛」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 2
    フォトギャラリー:第6世代目「新型ゴルフ」
  • 3
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 4
    フォトギャラリー:「ニスモ 370Z」
  • 5
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ北米モデル「370Z」
  • 6
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 7
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 8
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 9
    今週末見るべき映画「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」
  • 10
    フォトギャラリー:「TENORI-ON(テノリオン)」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加