『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展

2009年 6月 16日 22:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 20世紀を代表するスイス人デザイナー、マックス・フーバー。イタリアの華やかなカラーと、スイスのクールなタイポグラフィ。一見相反する要素がものの見事に融合し、まったく新しい世界観を作り出した人物だ。

 現在、東京・銀座にあるggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)と青山にあるギャラリー5610の2ヵ所で、マックス・フーバーの商業デザインを集めたエキシビションが開催されている。


 マックス・フーバー氏は1919年にスイスで生まれ、大学時代は、ノイエ・グラフィーク誌を立ち上げたスイスデザインの祖ミューラー=ブロックマンや、バウハウスのマックス・ビルなどに出会う。卒業後の1940年、イタリア・ミラノにデザイナーの職を得て移住。同世代のブルーノ・ムナーリやソウル・スタインバーグらとも交友を深めた。

 当時のイタリアでは、タイポグラフィの広告やグリッドの考え方はなく、フーバーのデザインは非常に斬新なものとして受け入れられた。そしてまた、フーバー氏の気さくな人柄で、イタリア人と打ち解けるのに時間はかからなかった。ここから、フーバーとイタリアの蜜月関係がスタートする。

 その後、1950年にミラノのデパート、ラ・リナシェンテのロゴデザインを手がけたり、イタリアを代表する建築家カスティリオーニ兄弟とともに展示デザインを担当。イタリア・ミラノを拠点に次々と面白いグラフィックデザイン、展示のタイポグラフィデザインを担当。デザイン教育にも尽力した。

Related article

  • 横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 長山智美のムームー日記SP「ホームセンタースタイル」2
    長山智美のムームー日記SP「ホームセンタースタイル」2
  • 福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 安藤忠雄による新美術館、瀬戸内国際芸術祭
    安藤忠雄による新美術館、瀬戸内国際芸術祭
  • 光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展
    光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展
  • クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに
    クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第8回「ヴァーヴ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    マネのミューズで在り続けた、女流画家ベルト・モリゾ
  • 3
    丸の内の歴史と魅力に迫る「一丁倫敦と丸の内スタイル展」
  • 4
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 5
    【本日、ライブ中継】ルイ・ヴィトン 2013-14秋冬 メンズ・コレクション
  • 6
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 7
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 8
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • 9
    プラチナで至高の肌へ、ラ・プレリーの「クリームP.Tレア」
  • 10
    今週末見るべき映画「リアリティのダンス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加