山中俊治ディレクション「骨」展

2009年 6月 11日 23:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロダクトデザイナー・山中俊治氏がディレクションを手がけた『「骨」展—骨とデザイン。つくられた骨、未来の骨—』が、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて開催されている。明和電機やtakram design engineering、中村勇吾氏など各界を代表する作家による「骨」をテーマにした未来的な作品の数々が展示されている、注目の展覧会だ。


 山中氏は腕時計から鉄道車両に至るまで、幅広いジャンルの工業製品にデザイナーとして携わる一方で、エンジニアとしてヒューマノイドロボット「morph 3」や8輪ロボットカー「Halluc II」などのプロトタイプを研究者とともに共同開発した実績を持つ人物。最近の仕事では、JR東日本「Suica」の自動改札システム開発で15度手前に傾けたアンテナ面を提案し実用化に貢献、2008年から慶応義塾大学で教授も務めている。

 硬軟両方にアンテナを張り巡らせるプロダクトデザイナーが手がける “骨”をテーマにした展覧会とは、ぱっと聞いただけでは、ちょっと想像がつかない展示内容かもしれない。

 実は、21_21 DESIGN SIGHT側から山中氏への最初の打診では「身体をテーマに」というオーダーだった。そこから一歩進めて、身体を支える「骨」という構造体にテーマをフォーカスした背景には、山中氏の持論「何かデザインを考えるときは、つねに仕組み・骨格から考える」がベースとなっている。

 「デザイン」というと表層的と思われがちな分野であるが、実は構造から考え抜かれたデザインには普遍的な美しさが備わっている。「生物の骨格は、その優美な外観と見事に連携している。それに比べ、人工物のそれはどうだろうか」——そんなプロダクトデザイナーとしての自問自答が、展覧会を支えるテーマとなっているのだ。

Related article

  • エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
    エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
  • ラフォーレミュージアム原宿で「個展 忌野清志郎の世界」開催中
    ラフォーレミュージアム原宿で「個展 忌野清志郎の世界」開催中
  • 今週末見るべき映画「郊遊<ピクニック>」
    今週末見るべき映画「郊遊<ピクニック>」
  • オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • 「東京物産展」 が、下北沢、六本木、代官山の3ヵ所で開催中
    「東京物産展」 が、下北沢、六本木、代官山の3ヵ所で開催中
  • 汐留のアド・ミュージアムで昭和の広告展 -1970年代・80年代
    汐留のアド・ミュージアムで昭和の広告展 -1970年代・80年代

Prev & Next

Ranking

  • 1
    タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート
  • 2
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 3
    クルーズ新世紀(2)~ism世代のマイシップ|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 4
    フィリップ・スタルクデザイン、高機能ヘッドフォン『Parrot Zik』
  • 5
    今週末見るべき映画「スノーピアサー」
  • 6
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 7
    BMWのSUV、X5とX6に「Mモデル」追加
  • 8
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加