野村仁回顧展「変化する相—時・場・身体」

2009年 6月 22日 21:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 宇宙からDNAまで— マクロからミクロにわたる自然現象の数々を、写真や映像、彫刻や録音などのさまざまな表現方法を用いて作品にする野村仁氏。その40年におよぶ創作活動を振り返る回顧展「野村仁 変化する相—時・場・身体」が現在、東京・六本木の国立新美術館で開催されている。


 京都市立芸術大学の教授でもある野村氏だが、東京の美術館での個展は初めてとなる。40年の軌跡を追うことができる見応えのある展示となっている。

 展覧会は、「Tardiology:東京」から始まる。それは7メートルを超える、巨大なダンボールのタワー型作品。ダンボールが自らの重みに少しずつ浸食され、徐々にひしゃげていく過程を鑑賞する作品だ。

Related article

  • 銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
    銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
  • 2014~2015|年末年始おすすめDVD映画
    2014~2015|年末年始おすすめDVD映画
  • 今週末まで! 第18回 文化庁メディア芸術祭、受賞作品展
    今週末まで! 第18回 文化庁メディア芸術祭、受賞作品展
  • ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」
    ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」
  • 『進撃の巨人』×アンリアレイジ、コラボTシャツが登場
    『進撃の巨人』×アンリアレイジ、コラボTシャツが登場
  • パス ザ バトン表参道で、ミナ ペルホネンx『Mare e Bosco~海と森~』開催中
    パス ザ バトン表参道で、ミナ ペルホネンx『Mare e Bosco~海と森~』開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    DESIGNTIDE TOKYO×日本橋三越本店・銀座三越レポート
  • 2
    パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る
  • 3
    エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
  • 4
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 5
    世界限定500セットの「ライカM8.2サファリ」
  • 6
    今週末見るべき映画「僕らのミライへ逆回転」
  • 7
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • 8
    アート・ディレクター、堀内誠一の世界
  • 9
    JEWEL BOX GINZA にレストラン「AURUM」オープン
  • 10
    “天然のサプリ”アーモンドで美しくなる!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加