アート・ディレクター、堀内誠一の世界

2009年 8月 3日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アンアン」「ポパイ」「ブルータス」など、誰もが一度は目にしたことのある数々の雑誌。その創刊から現在まで受け継がれているタイトルロゴやレイアウトデザインの基礎をつくりあげてきたアート・ディレクター堀内誠一氏。アート・ディレクターのほかにも、エディトリアル・ディレクター、絵本作家と様々な顔を持つ堀内氏の、多彩な創作活動の全容を紹介する展覧会「堀内誠一 旅と絵本とデザインと」が東京・世田谷の世田谷文学館にて開催中だ。


 堀内誠一氏(1932~1987)は、戦後、弱冠14歳にして伊勢丹百貨店の宣伝課へ入社、装飾係員としてウィンドウディスプレイや展覧会、PR誌「ブーケ」の制作に携わり、早熟な才能を開花させた。勤続約10年を経た後、広告デザイン会社アド・センターの設立に参加し、本格的にデザインの仕事をスタート。その後、さまざまな雑誌のアートディレクション、ロゴデザイン、絵本の挿画を手がけ、絵本作家としても活躍した。この展覧会は、世の中にあふれる堀内氏の作品の数々を一堂に集めた展覧会である。

Related article

  • 原美術館「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展
    原美術館「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展
  • 期間限定予約制、銀座4丁目に現代アートの館が出現
    期間限定予約制、銀座4丁目に現代アートの館が出現
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
  • ちひろ美術館・東京で、クヴィエタ・パツォウスカー展が開催中
    ちひろ美術館・東京で、クヴィエタ・パツォウスカー展が開催中
  • 原美術館「ホームアゲインーJapanを経験した10人のアーティスト」展開催
    原美術館「ホームアゲインーJapanを経験した10人のアーティスト」展開催
  • 期間限定の「タイム アンド スタイル」が伊勢丹新宿店に
    期間限定の「タイム アンド スタイル」が伊勢丹新宿店に

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #3 TIDE Marketでお買い物
  • 3
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 4
    今週末見るべき映画「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」
  • 5
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • 6
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 7
    ガーデニングからキッチンまで、オクソーの新作
  • 8
    建築家デイヴィッド・チッパーフィールドによるアレッシィ新作
  • 9
    アートバーゼル42 現地レポート
  • 10
    今週末見るべき映画「ハゲタカ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加