想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展

2009年 8月 6日 14:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さあ、想像力を使って“地球の中心”へ。鴻池朋子の不思議な世界へダイブしよう—。東京・初台にある東京オペラシティアートギャラリーで、夏休みにふさわしいエキシビションが行われている。アーティスト・鴻池朋子による「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」だ。

 鴻池朋子は、1985年に東京藝術大学日本画学科を卒業し、玩具と雑貨の会社にて企画デザインに携わった後、1997年にデビュー。アーティスト活動としては10年ほどだが、国内外で高い評価を得ている希代の作家である。国内の展示では、先月まで開催されていた、上野の森美術館の「ネオテニー・ジャパン —高橋コレクション」や、2005年に森美術館で開催された「ストーリーテラーズ —アートが紡ぐ物語」での出品作品が記憶に新しい。



 今回の展示は、アーティスト鴻池朋子の過去から現在までの作品をすべて包括した大規模個展である。展覧会タイトルの「インタートラベラー」とは、私たち=鑑賞者である。「インター inter」というのは接頭辞で「~の間、~の中、一緒」などを表す言葉。鑑賞者は、日常と非日常、現実と虚構、生と死、本当と嘘… 相反する世界を入ったり来たりする、そんなイメージなのだろうか。

 この展覧会は「想像力という人間の根源的な力で地球の中心まで旅をする」(プレスリリースより)とある。人間の心を地球になぞらえ、どんどん深い闇の中へと旅し、地球の中心である心理的な深度64kmを目指すのだという。。


 ここから鴻池の神話の世界への旅が始まる。此岸からあちらの世界を眺めてみた。入り口のふすまは、大きく開かれている。

Related article

  • スワロフスキー、2014年春夏コレクションの嘆美
    スワロフスキー、2014年春夏コレクションの嘆美
  • オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
    オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
  • セロテープ誕生60年記念 瀬畑亮 セロテープアート展
    セロテープ誕生60年記念 瀬畑亮 セロテープアート展
  • Red Bull Music Academy主宰。知覚の極限に迫る、池田亮司展
    Red Bull Music Academy主宰。知覚の極限に迫る、池田亮司展
  • 今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
    今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
  • 服部一成の仕事展「服部一成二千十年十一月」
    服部一成の仕事展「服部一成二千十年十一月」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加