想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展

2009年 8月 6日 14:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さあ、想像力を使って“地球の中心”へ。鴻池朋子の不思議な世界へダイブしよう—。東京・初台にある東京オペラシティアートギャラリーで、夏休みにふさわしいエキシビションが行われている。アーティスト・鴻池朋子による「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」だ。

 鴻池朋子は、1985年に東京藝術大学日本画学科を卒業し、玩具と雑貨の会社にて企画デザインに携わった後、1997年にデビュー。アーティスト活動としては10年ほどだが、国内外で高い評価を得ている希代の作家である。国内の展示では、先月まで開催されていた、上野の森美術館の「ネオテニー・ジャパン —高橋コレクション」や、2005年に森美術館で開催された「ストーリーテラーズ —アートが紡ぐ物語」での出品作品が記憶に新しい。



 今回の展示は、アーティスト鴻池朋子の過去から現在までの作品をすべて包括した大規模個展である。展覧会タイトルの「インタートラベラー」とは、私たち=鑑賞者である。「インター inter」というのは接頭辞で「~の間、~の中、一緒」などを表す言葉。鑑賞者は、日常と非日常、現実と虚構、生と死、本当と嘘… 相反する世界を入ったり来たりする、そんなイメージなのだろうか。

 この展覧会は「想像力という人間の根源的な力で地球の中心まで旅をする」(プレスリリースより)とある。人間の心を地球になぞらえ、どんどん深い闇の中へと旅し、地球の中心である心理的な深度64kmを目指すのだという。。


 ここから鴻池の神話の世界への旅が始まる。此岸からあちらの世界を眺めてみた。入り口のふすまは、大きく開かれている。

Related article

  • 夢と幻想のカオスが漂う、ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展
    夢と幻想のカオスが漂う、ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展
  • おしゃれスタンプを押しに品川駅へ!「DB in STATION」
    おしゃれスタンプを押しに品川駅へ!「DB in STATION」
  • 2年越しの六本木アートナイト、今週末開催
    2年越しの六本木アートナイト、今週末開催
  • パリの街角vol.11『ダイアン・ペルネ with シンスケ』
    パリの街角vol.11『ダイアン・ペルネ with シンスケ』
  • 今週末見るべき映画「セッション」
    今週末見るべき映画「セッション」
  • 「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介
    「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2018年9月22日(土)~23日(日)『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』開催
  • 2
    今週末見るべき映画「エル・ブリの秘密」
  • 3
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 4
    浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」展
  • 5
    今週末見るべき映画「いつか眠りにつく前に」
  • 6
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 7
    日本初お目見えのKIDSラインを携え、「KENZO BOX SHOP」が今年もGYREに登場
  • 8
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場
  • 9
    長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
  • 10
    正しい森づくりを more treesの取り組み(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加