想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展

2009年 8月 6日 14:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さあ、想像力を使って“地球の中心”へ。鴻池朋子の不思議な世界へダイブしよう—。東京・初台にある東京オペラシティアートギャラリーで、夏休みにふさわしいエキシビションが行われている。アーティスト・鴻池朋子による「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」だ。

 鴻池朋子は、1985年に東京藝術大学日本画学科を卒業し、玩具と雑貨の会社にて企画デザインに携わった後、1997年にデビュー。アーティスト活動としては10年ほどだが、国内外で高い評価を得ている希代の作家である。国内の展示では、先月まで開催されていた、上野の森美術館の「ネオテニー・ジャパン —高橋コレクション」や、2005年に森美術館で開催された「ストーリーテラーズ —アートが紡ぐ物語」での出品作品が記憶に新しい。



 今回の展示は、アーティスト鴻池朋子の過去から現在までの作品をすべて包括した大規模個展である。展覧会タイトルの「インタートラベラー」とは、私たち=鑑賞者である。「インター inter」というのは接頭辞で「~の間、~の中、一緒」などを表す言葉。鑑賞者は、日常と非日常、現実と虚構、生と死、本当と嘘… 相反する世界を入ったり来たりする、そんなイメージなのだろうか。

 この展覧会は「想像力という人間の根源的な力で地球の中心まで旅をする」(プレスリリースより)とある。人間の心を地球になぞらえ、どんどん深い闇の中へと旅し、地球の中心である心理的な深度64kmを目指すのだという。。


 ここから鴻池の神話の世界への旅が始まる。此岸からあちらの世界を眺めてみた。入り口のふすまは、大きく開かれている。

Related article

  • 六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
    六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
  • 小沢剛と高木正勝が見た、アフリカの姿。
    小沢剛と高木正勝が見た、アフリカの姿。
  • 30日まで、フランソワーズ・ジローの日本初回顧展
    30日まで、フランソワーズ・ジローの日本初回顧展
  • 今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」
    今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」
  • 造形として佇む建築、銀座メゾンエルメスの展覧会
    造形として佇む建築、銀座メゾンエルメスの展覧会
  • ロレックスのアート・プログラム、ロンドン現地レポート
    ロレックスのアート・プログラム、ロンドン現地レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加