『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末まで開催「建築以前・建築以後」展

2009年 8月 27日 20:22 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、東京・清澄白河の小山登美夫ギャラリーにて、建築資料の重要なひとつである「建築模型」を主な素材としためずらしい展覧会が行われている。タイトルは「建築以前・建築以後」。

 日本では、美術作品と同様、継続的に収蔵保管する機関が少ないため、建築模型や図面についても、海外に流出したり廃棄されたりしているのが現状。今回の展覧会では、その失われやすい「建築模型」にスポットをあて、世界で活躍する建築家6人の魅力をリアルに伝える展覧会となっている。

 まず最初に会場で目を引くのは、妹島和世の「犬島アートプロジェクト」に関する建築模型。これは現在、岡山県岡山市の犬島で着工中のプロジェクトで、空き家や空き地をギャラリーとして整備し、壁面が透明なギャラリーなどを設け、最終的には島全体を美術館化するというものである。


 起伏に富んだ自然環境と、個人宅をどのように配して全体を構築していくのか——建築家の構想の一端を垣間みることができる。また、その横には今年撮影されたホンマタカシによる現地の風景写真(写真奥)もあり、ミクロからマクロまで、さまざまな視点で犬島アートプロジェクトの様子を確認することができるようになっている。

 また、妹島和世と西沢立衛のふたりによる建築家ユニット「SANAA」の建築模型も展示されている。プロジェクトは、スイス連邦工科大学ローザンヌ校で建築が進行中のラーニング・センター。図書館、多目的ホール、オフィス、レストランなどをもつ学生向けの総合施設なのだが、なんとそれを巨大な一層のワンルーム(166.5m×121.5m)と捉えて展開している。その横にはイタリアの写真家・ウォルター・ニーダーマイヤーによる現地の写真も展示されている。

Related article

  • 映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
    映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
  • 今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
    今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
  • 伝説を切り撮る。写真展「内田裕也」 若木信吾インタビュー
    伝説を切り撮る。写真展「内田裕也」 若木信吾インタビュー
  • フォトギャラリー:「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」
    フォトギャラリー:「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」
  • デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
    デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
  • 銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
    銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 2
    パトリシア・ウルキオラが内装|国内初旗艦店「MOLTENI&C TOKYO」
  • 3
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 6
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 7
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 8
    メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」を発表
  • 9
    2011年の締めくくりは、ザ・リッツ・カールトン東京で
  • 10
    Bang & Olufsenのエキシビジョンが開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加