今週末まで開催「建築以前・建築以後」展

2009年 8月 27日 20:22 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、東京・清澄白河の小山登美夫ギャラリーにて、建築資料の重要なひとつである「建築模型」を主な素材としためずらしい展覧会が行われている。タイトルは「建築以前・建築以後」。

 日本では、美術作品と同様、継続的に収蔵保管する機関が少ないため、建築模型や図面についても、海外に流出したり廃棄されたりしているのが現状。今回の展覧会では、その失われやすい「建築模型」にスポットをあて、世界で活躍する建築家6人の魅力をリアルに伝える展覧会となっている。

 まず最初に会場で目を引くのは、妹島和世の「犬島アートプロジェクト」に関する建築模型。これは現在、岡山県岡山市の犬島で着工中のプロジェクトで、空き家や空き地をギャラリーとして整備し、壁面が透明なギャラリーなどを設け、最終的には島全体を美術館化するというものである。


 起伏に富んだ自然環境と、個人宅をどのように配して全体を構築していくのか——建築家の構想の一端を垣間みることができる。また、その横には今年撮影されたホンマタカシによる現地の風景写真(写真奥)もあり、ミクロからマクロまで、さまざまな視点で犬島アートプロジェクトの様子を確認することができるようになっている。

 また、妹島和世と西沢立衛のふたりによる建築家ユニット「SANAA」の建築模型も展示されている。プロジェクトは、スイス連邦工科大学ローザンヌ校で建築が進行中のラーニング・センター。図書館、多目的ホール、オフィス、レストランなどをもつ学生向けの総合施設なのだが、なんとそれを巨大な一層のワンルーム(166.5m×121.5m)と捉えて展開している。その横にはイタリアの写真家・ウォルター・ニーダーマイヤーによる現地の写真も展示されている。

Related article

  • ”出会い”はクリエイション。「OPA!陽気な黙示録」
    ”出会い”はクリエイション。「OPA!陽気な黙示録」
  • ベネッセハウス(香川・直島)/日本を巡る、アートな旅(1)
    ベネッセハウス(香川・直島)/日本を巡る、アートな旅(1)
  • チャールズ&レイ・イームズ夫妻の哲学をひもとく「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」展開催
    チャールズ&レイ・イームズ夫妻の哲学をひもとく「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」展開催
  • フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • フォトギャラリー:TDW2012 「伊藤若冲 感性インスパイア作品展」
    フォトギャラリー:TDW2012 「伊藤若冲 感性インスパイア作品展」
  • アート作品のように高い完成度。個性派テキスタイルのクラッチバッグ
    アート作品のように高い完成度。個性派テキスタイルのクラッチバッグ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 4
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • 5
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 7
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(2)
  • 8
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 9
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 10
    「西野達 別名 大津達 別名 西野達郎 別名 西野竜郎」出版記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加