『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作

2009年 9月 7日 12:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の作品については、初めに作品が目に入った時には、まず前景として白い色や石のテクスチャーなど抽象的で硬質なイメージが流れ込んでくるのだが、作品との距離や視点を変える度に、むしろ有機的・具体的なイメージが見る者の中で生まれてくることがとても興味深い。


《夢の中の洞窟》撮影:木奥惠三 (c)onishimaki+hyakudayuki


 作者側の表現の一方通行ではなく、見る側に建築やアートを通して「感じる場所を創り出す」というこの試みは、単に建築ともアートともつかない、ボーダーを超えた表現としてとても刺激的だ。会期は来年1月17日(日)まで。


《夢の中の洞窟》イメージ 2009年 (c)onishimaki+hyakudayuki


MOT×Bloomberg パブリック・スペースプロジェクト[大西麻貴+百田有希]
東京都現代美術館 東京都江東区三好4-1-1
開催中~2010年1月17日(日)
open.10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
月休(祝日の場合は翌日、9月21、28日は開館)、展示替休館(10月5日~10月30日)、年末年始休館(12月28日~1月1日)
無料
お問い合わせ:東京都現代美術館 tel.03-5245-4111
東京都現代美術館
ブログ「大西麻貴+百田有希」

取材/Tribute&Co*

Related article

  • 鎧をまとった松? 「鎧松 東信展」が開催中
    鎧をまとった松? 「鎧松 東信展」が開催中
  • バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
    【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展
    人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展
  • 名建築家の意外なアイテムも 「アーキテクトメイド」展
    名建築家の意外なアイテムも 「アーキテクトメイド」展
  • 吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)
    吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クラチカ ヨシダ 表参道 にて先行&限定販売
  • 2
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 3
    吉田カバン2010春夏新作「カジュアル編」
  • 4
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 5
    2つの老舗メゾンが実現した究極のボトルクーラーとは?
  • 6
    ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」
  • 7
    サロン・デュ・ショコラ-テーマは「オペラ」、日本限定ボックス発売
  • 8
    炭酸パックの先駆け「ナノアクア 炭酸ジェルパック」がパワーアップ
  • 9
    ロータス・エリーゼの限定車「エリーゼ・クラブレーサー」
  • 10
    ウエラジャパンから、新感覚の温感トリートメント

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加