今週末見るべき映画「パイレーツ・ロック」

2009年 10月 23日 16:20 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 権力に抵抗、自由な思想を表現するのがロックという音楽、と思っている。これは権力に背を向け、ロックをこよなく愛する男たちの、まるでおとぎ話のような映画。

 1960年代、イギリスの流行歌は、ラジオで45分しか放送できない。この法の抜け道をついて、公海上の船から、24時間、がんがんロックやポップスを放送する、いわば移動放送局があった。

 「パイレーツ・ロック」(東宝東和配給)は、そのような事実に基づいて、船の中から、ロックを放送するDJたちの群像を、あざやかに描く。

 その世界は、飲んだり踊ったりの、まるで天国。ロックが鳴り響く船に、連日、若い女性たちを招いてのパーティ三昧である。


(c)2009 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED

 DJのボス格、ザ・カウント(伯爵)と呼ばれるフィリップ・シーモア・ホフマンが、相変わらずの達者な演技。DJをする連中が、いずれも個性豊かである。アメリカから呼ばれた大物のギャヴィン、太っているのになぜかモテるデイブ、人の良さが売り物のサイモン、まわりをいつもいらいらさせるアンガス、時間きっかりニュースを読むニュース・ジョン、黙っていても女性が熱をあげるイケメンのマーク。

 この7人のDJたちが、ときには争い、ときにはなごやかに、勝手気ままに仕事をこなしている。

 そこに、放送船ロック・ラジオ号のオーナーと親しい女性が、ドラッグと喫煙で問題ばかりの息子カールの更正をと、オーナーに預けることになる。

 さらに、ロック放送の蔓延は、風紀の問題とばかり、新たに法律を作って、取り締まろうとする大臣がいる。

 さて、船と、ロック放送は、いかなる運命をたどるのか?

 映画は、ロックへの愛に満ち、なにより、人間の自由な生き方こそが大事と、語りかけてくる。

 もちろん、60年代にイギリスを席巻した音楽がズラリと出てくる。キンクス、ジェフ・ベック、ヴァン・モリソン、ドノヴァン、ザ・シュープリームス、ローリング・ストーンズ、ヤードバーズ、シーカーズ、オーティス・レディング、クリーム、ザ・フー、ビーチ・ボーイズ、サンディ・ショウ、ダスティ・スプリングフィールド、ジミ・ヘンドリックス、スキーター・ディヴィス、ハーブ・アルバートとティファナ・ブラス、プロコム・ハルムなどなど。

 かつて、心ときめいて聴いた音楽ばかりである。映画はまさにロックのユートピア、結末にはいささかの悲哀はあるのだが。

 監督は、「ラブ・アクチュアリー」を撮ったリチャード・カーティス。ロバート・アルトマンに範をとる群像劇の名手である。

Related article

  • 「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」【今週末見るべき映画】
    「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「光りの墓」
    今週末見るべき映画「光りの墓」
  • 今週末見るべき映画「ローマでアモーレ」
    今週末見るべき映画「ローマでアモーレ」
  • 今週末見るべき映画「ステーキ・レボリューション」
    今週末見るべき映画「ステーキ・レボリューション」
  • 今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
    今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
  • 今週末見るべき映画「ファブリックの女王」
    今週末見るべき映画「ファブリックの女王」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加