アクシスギャラリーで「三保谷硝子店—101年の試作展」開催中

2009年 10月 29日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木のアクシスギャラリーで「三保谷硝子店—101年の試作展」が開催されている。


 ガラス店というと何を思い浮かべるだろうか? ガラスはあまりにもありふれた材料のように思うが、運ぶのも加工するのも施工するのも、その道に通じ、熟練した職人にしか扱えない材料だ。


 東京・三保谷硝子の創業は明治42年、この2月で100周年を迎えた。創業当時はランプの火屋をつくっていた。現在は建築やインテリアのガラスを扱う。東京の中心地・西麻布というエリアに店を構えていたことで、デザイナーの案件が三保谷硝子に持ち込まれる。1970年代のことだ。

 そのデザイナーがあの倉俣史朗氏で、その後は「デザイナー御用達」の三保谷硝子の名前が広がるのである。職人気質の硝子屋だった同社は、1980年代のデザインブームを支え、その後も次々に登場する新しい才能のデザインを、まさに黒子となって支えてきた。

Related article

  • 想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • この夏行くべきアートスポットは「犬島」
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 待ちに待った「iida」初のスマートフォン、あの名機が進化
    待ちに待った「iida」初のスマートフォン、あの名機が進化
  • 「メゾン・エ・オブジェ 2011」レポート
    「メゾン・エ・オブジェ 2011」レポート
  • 天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー
    天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    舞台「趣味の部屋」レビュー
  • 4
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 5
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 6
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(2)
  • 7
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 8
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 9
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 10
    「西野達 別名 大津達 別名 西野達郎 別名 西野竜郎」出版記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加