オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」

2009年 10月 31日 03:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年注目を集めているオランダのアートやデザイン。その最先端で活躍するデザイナー6組による展覧会「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」‘Treasure Hunt-Vanitas or Humanitas’が東京・西麻布のギャラリー ル・ベインにて開催中だ。


左から、マルタン・エングルブレクト、リアン・マッキンク、ベルトヤン・ポット、アム・ヴァン・デル・ルブ

 世界的な経済不況や治安悪化が続く状況の中、モノを作るデザイナーたちは、今まで以上にデザインの役割について考えてきた。この展覧会では、単なるビジュアル重視のデザインではなく、そこに深い意味と機能性、さらには人間の温もりを持ったデザインが紹介されている。6組のデザイナーによるインテリア・空間・生活スタイルの提案を通して「大切なもの、心を捉えるもの」を、訪れた人々に投げかける。

 例えば、ニールズ・ヴァン・アイクとミリアム・ヴァン・デル・ルブによる「ゴドガン・テーブル」は、受け継がれる職人芸にその価値を見出す。労働賃金の安さからインドネシアで生産されるプロダクツが多いなか、“インドネシアの職人でしか作ることのできない技術”にスポットをあてた。


「ゴドガン・テーブル」

 気の遠くなるような細かな彫刻からは、それに費やした膨大な時間と手作業による木彫りの温かさが感じられる。装飾をそぎ落とし、機能だけを残すデザインも美しいが、時間を惜しみなくかけた丁寧な仕事に心動かされる作品だ。


「リヴォルビング・シャンデリア」

 上の「リヴォルビング・シャンデリア」を手がけたデザイナー、ベルトヤン・ポットが大切にしているのは、見る人にファンタジーやきらめきを与えること。環境への負荷が少ないという点から最近はLEDが注目されているが、色の温かみを重視し、このシャンデリアには従来の電球を採用した。

 そして今までは無駄に放出されていた熱を動力として有効に活用し、シャンデリアのシェードを回す仕組みだ。シェードが回転しながらきらきらと輝くさまは幻想的。近い将来、全ての光源がLEDに変わってしまう前の、今だからこそ必要なデザインを提案した。

Related article

  • 新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
  • 「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介
    「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介
  • 「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
    「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • キューブリック 名作7枚+特典映像2枚組が限定発売
    キューブリック 名作7枚+特典映像2枚組が限定発売
  • ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」
    ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 2
    サンフランシスコの超人気店「TARTINE BAKERY」、ついに日本上陸
  • 3
    Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」
  • 4
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 5
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 6
    9月8日(土)~9月29日(土)  井上雄輔「Containers in Tokyo」展 開催
  • 7
    マカロン/マッターホーン by Tokyo的 男の手土産
  • 8
    アウディTTクーペの限定モデル「S-line limited」
  • 9
    実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
  • 10
    キング・ジョージ(代官山)/TOKYO、厳選サンドイッチ(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加