閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー

2009年 11月 20日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ、23日に閉幕となる「越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2009」(現在は”秋版”として開催中)。3年に一度のお祭り(イベント)へと大きく成長させた総合ディレクターの北川フラム氏に話を聞いた。


─今年が10年目とのこと。最初は地域再生を掲げられていましたが、それから10年を迎えて、コンセプトや方法に変化はありましたか?

 1996年に越後妻有とかかわり始めた当初、地元ではもうリストラが完成して、本当の意味で将来への展望をあまり持っていないような雰囲気でした。なので、少しでも地元のとかかわって元気に楽しい場所にしたい、そして多少経済的にも潤えれば、と考えていました。

 越後妻有は素晴らしい財産を持っているんです。1500年以上続いてきた集落には見事な里山がある。そのインフラはとても価値のあるもので、それを明らかにするために、アートはきわめて有効な手段だったんです。また、アートがかかわることで、人と人の間にコミュニケーションが生まれます。そうして4回目になって、それなりに効果を上げてきたと自負しています。本当にたくさんの人が来てくださっていますから。


ー多くの人が来ることが、地元の人のモチベーションにつながっているのでしょうか。

 もちろんそれもあると思うけど、単純にイベントに参加すると面白いのだと思います。でも、面白いからだけではなくて、実際に人が来てくれなければ面白さは保証されない。そういう意味でもうまく回り出したのだと思います。毎回テーマは同じなのですが、今回特に力をいれているのが「空家」と「廃校」。


 今回は13の廃校を使って展示をしています。特に田島征三さんの作品(上写真)は感動的だった。ああいう風に、廃校を生きた物語に変えられたんだということに感動しましたよ。あの作品では、東京から3人が、妻有に移住して作品とかかわっている。廃校が甦ることで、地元の人や卒業生が戻ってきたり、手伝ったりしてるのはとても嬉しいこと。

Related article

  • Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
    Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
  • パフォーマンス集団・3ガガヘッズ|世界が認めた越境コメディアン|Interview
    パフォーマンス集団・3ガガヘッズ|世界が認めた越境コメディアン|Interview
  • イームズ、ジラードがデザインしたポスターが発売
    イームズ、ジラードがデザインしたポスターが発売
  • この秋、フィンランドデザインが新宿に集結
    この秋、フィンランドデザインが新宿に集結
  • デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 27日から「小谷元彦展 幽体の知覚」
    27日から「小谷元彦展 幽体の知覚」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 2
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 3
    19世紀パリの世界、ラデュレ日本橋店「サロン・ド・テ」
  • 4
    イタリア・アルテミデから深澤直人の新作LEDテーブルランプ
  • 5
    アル・カポネの足元を飾った、ガラパゴス島の紳士靴「ブダイ」
  • 6
    2つの老舗メゾンが実現した究極のボトルクーラーとは?
  • 7
    ネイビー無地の伸縮ジャケットでタイを外す。
  • 8
    世界的なパティシエがやっている“町のお菓子屋さん”
  • 9
    モルトンブラウンから、待望のメンズラインが新上陸
  • 10
    過去最大のクラウディオ・コルッチ展『COLOURISTIC!』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加