閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー

2009年 11月 20日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ、23日に閉幕となる「越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2009」(現在は”秋版”として開催中)。3年に一度のお祭り(イベント)へと大きく成長させた総合ディレクターの北川フラム氏に話を聞いた。


─今年が10年目とのこと。最初は地域再生を掲げられていましたが、それから10年を迎えて、コンセプトや方法に変化はありましたか?

 1996年に越後妻有とかかわり始めた当初、地元ではもうリストラが完成して、本当の意味で将来への展望をあまり持っていないような雰囲気でした。なので、少しでも地元のとかかわって元気に楽しい場所にしたい、そして多少経済的にも潤えれば、と考えていました。

 越後妻有は素晴らしい財産を持っているんです。1500年以上続いてきた集落には見事な里山がある。そのインフラはとても価値のあるもので、それを明らかにするために、アートはきわめて有効な手段だったんです。また、アートがかかわることで、人と人の間にコミュニケーションが生まれます。そうして4回目になって、それなりに効果を上げてきたと自負しています。本当にたくさんの人が来てくださっていますから。


ー多くの人が来ることが、地元の人のモチベーションにつながっているのでしょうか。

 もちろんそれもあると思うけど、単純にイベントに参加すると面白いのだと思います。でも、面白いからだけではなくて、実際に人が来てくれなければ面白さは保証されない。そういう意味でもうまく回り出したのだと思います。毎回テーマは同じなのですが、今回特に力をいれているのが「空家」と「廃校」。


 今回は13の廃校を使って展示をしています。特に田島征三さんの作品(上写真)は感動的だった。ああいう風に、廃校を生きた物語に変えられたんだということに感動しましたよ。あの作品では、東京から3人が、妻有に移住して作品とかかわっている。廃校が甦ることで、地元の人や卒業生が戻ってきたり、手伝ったりしてるのはとても嬉しいこと。

Related article

  • この秋、フィンランドデザインが新宿に集結
    この秋、フィンランドデザインが新宿に集結
  • 東京ミッドタウンで、変動するデザインの可能性を感じる企画展
    東京ミッドタウンで、変動するデザインの可能性を感じる企画展
  • 今週末見るべき映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
    今週末見るべき映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
  • 素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
    素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
  • 木村伊兵衛写真賞受賞、岡田敦の個展「ataraxia」
    木村伊兵衛写真賞受賞、岡田敦の個展「ataraxia」
  • 吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
    吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 3
    春のコーディネートに刺激を与えるアートTシャツ
  • 4
    「ポルシェ918スパイダー」初期プロトモデルの公道テストスタート
  • 5
    新ボンドガールも愛用、ヴァレンティノのパーティドレス
  • 6
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 7
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 8
    iPadに「秋の東京デザイン祭り、完全報告。」を無料配信開始
  • 9
    ハイアット リージェンシー 東京で、クリスマスケーキを
  • 10
    ポルシェ限定モデル「911 ブラックエディション」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加