『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

28日から「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展

2009年 11月 24日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 木村伊兵衛、1901年12月12日東京生まれ。アンリ・カルティエ=ブレッソンは7歳年下で、1908年1月フランス生まれ。東京-パリ間、9730kmも遠く離れた二つの場所で、小さなカメラ「ライカ」を首からぶら下げた二人の男が、カシャカシャとたくさんの「瞬間」を捕まえ、そして、20世紀の写真史を作り上げていった。

 11月28日(土)から東京都写真美術館3階展示室で「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし」が開催される。同時代に東京とパリを生きた二人の写真家が何を感じ、どんな瞬間にシャッターを切ったのだろう。約150点もの豊富な資料とともに、二人の共通点や差異を探る。

 あまりにも有名な、アンリ・カルティエ=ブレッソンの作品「サン=ラザール駅裏、パリ」(1932年)。一人の男がひょいっと水たまりを飛び越えている。画面の中にまったくムダな要素がなく、すべてが美しいバランスを保っている、まさに「決定的瞬間」をとらえた一枚。この頃木村はすでにライカを使って下町のスナップを撮っており、野島康三、中山岩太と写真雑誌『光画』を発刊する。


「サン=ラザール駅裏、パリ」(アンリ・カルティエ=ブレッソン)
©Henri Cartier-Bresson/Magnum Photos

Related article

  • 「GR DIGITAL IV」発表、限定ホワイトモデルも
    「GR DIGITAL IV」発表、限定ホワイトモデルも
  • 原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味
    原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味
  • ルイ・ヴィトン 表参道店に美しい京都の旅ストーリー
    ルイ・ヴィトン 表参道店に美しい京都の旅ストーリー
  • 表参道で「WE LOVE MAGAZINE LIBRARY」
    表参道で「WE LOVE MAGAZINE LIBRARY」
  • テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
  • 今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
    今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドゥ・ラ・メールからボディクリーム誕生
  • 2
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 3
    イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー
  • 4
    原宿・明治通りに「ゴディバ ショコイスト原宿」オープン
  • 5
    バレエの絵画と言えばドガ。それはオペラ座で競い合う踊り子達
  • 6
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 7
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • 8
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 9
    まばゆい「光の彫刻」に酔い知れる
  • 10
    HOTEL CLASKAで「ヒント日 展 見えない視線」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加