2月に「クリストとジャンヌ=クロード展」開催

2009年 12月 22日 17:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年11月、ジャンヌ=クロードの訃報がメディアを駆け巡った。夫のクリストとともに「クリストとジャンヌ=クロード」という名義で、半世紀以上にわたって屋外での壮大なアートプロジェクトを手がけてきた彼女。


「ゲート、ニューヨーク市セントラル・パーク、1979−2005」でのクリストとジャンヌ=クロード、2005年2月

 彼らの「布で包む」表現方法はよく知られているが、最近では2005年の2月にニューヨークのセントラル・パークに鮮やかなサフラン色の布のゲートを出現させたプロジェクトも記憶に新しいところ。彼らの作品はその舞台となる場所の地域住民や自治体の理解を得ることが必要だが、ニューヨークのセントラル・パークのプロジェクトも20年以上に渡る交渉の末、ついに実現したものだった。


「ゲート、ニューヨーク市、セントラル・パークのプロジェクト」ドローイング 2005

 同展覧会ではクリスト、ジャンヌ=クロードと三宅一生との長年の友情関係を背景に、ふたりのプロジェクトに25年間関わってきた美術評論家・柳正彦の監修によって構成される。

Related article

  • アジアからメディアカルチャーを発信する総合イベント「MeCA」が開催
    アジアからメディアカルチャーを発信する総合イベント「MeCA」が開催
  • 大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • 会期は残り約1ヶ月! ヨコトリへ急ぎましょう
    会期は残り約1ヶ月! ヨコトリへ急ぎましょう
  • バスキアのアートと融合した革新的ウォッチ
    バスキアのアートと融合した革新的ウォッチ
  • 3日からの「フセイン・チャラヤン展」は大注目
    3日からの「フセイン・チャラヤン展」は大注目
  • 映画に見られる独創的なイマジネーションの世界/ミシェル・ゴンドリーの世界(3)
    映画に見られる独創的なイマジネーションの世界/ミシェル・ゴンドリーの世界(3)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトイメージングエキスポ2007
  • 2
    レイングッズだから楽しめるド派手カラーの雨の日アイテム
  • 3
    今週末見るべき映画「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
  • 4
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • 5
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 6
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 7
    シュールに歪んだデビアス銀座が3/20オープン
  • 8
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 9
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 10
    2018年12月15日~2019年2月2日(土)Ahn Jun「One Life」展 CASE TOKYO

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加