『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

横浜美術館で「束芋:断面の世代」

2010年 1月 7日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜美術館で「束芋:断面の世代」展が開催中だ。今や日本を代表する映像インスタレーション作家である束芋(たばいも)は、今年、デビューから10年という節目の年を迎えている。同展は出展される6作品のうち、大型の映像インスタレーション5作品がすべて新作という、かつてない大規模なもの。国内の公立美術館では初めての個展開催となる。


《団地層》(イメージ)2009、映像インスタレーション Courtesy the Artist and Gallery Koyanagi

 1975年生まれの束芋。彼女には、つねに「最年少」という形容詞がついてまわってきた。大学の卒業制作として制作した映像インスタレーション「にっぽんの台所」は、キリンコンテンポラリー・アワード1999にて最優秀作品賞を最年少の23歳で受賞。2001年、第1回目の横浜トリエンナーレに「にっぽんの通勤快速」を出品した際も最年少の出品作家だった。振り返ると、つねに前人未到の道を歩んでいる彼女。これまでに数々の国際展やグループ展に出品を重ね、2006年には原美術館、パリのカルティエ現代美術館での個展開催、そして2007年にはヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア館)にも出品を果たしている。

 この10年間、彼女の制作手法は一貫している。ドローイングを元にしたアニメーション映像を、平面ではなく立体的な空間に投影する。一度見たら決して忘れることのできない、現実と幻想の行き交う独特の映像世界。ぎょっとするようなおどろおどろしい描写が突如現れたかと思えば、心洗われる美しい風景が出てきて、片時も目が離せない。展覧会の会場となった横浜美術館はたいへん広い美術館だが、今回はその広さを存分に活用した展示となっている。

 まず最初に美術館の大きな入り口から、来場者は即座に束芋の世界に足を踏み入れることとなる。吹き抜けのエントランスで、天地を使って高さ8.6m のスクリーンに投影される作品「団地層」は、今回の展示全体を通してのテーマ「断面の世代」を端的に表す作品だ。

Related article

  • 若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
    デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
  • ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
  • ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
    ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
  • 注目のカフェバー・ダイニング「IVY PLACE」レポート
    注目のカフェバー・ダイニング「IVY PLACE」レポート
  • パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』
    パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「神々のたそがれ」
  • 2
    ロンドンのギャラリー「コンクリートハーミット」がコンランショップに
  • 3
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 4
    「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
  • 5
    ミラノサローネ2010、Kartellが真っ黒に!
  • 6
    アート?家具? イタリア家具「カッシーナ」が展覧会を開催
  • 7
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 8
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 9
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 10
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加