今週末見るべき映画「パラノーマル・アクティビティ」

2010年 1月 30日 10:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 どちらかといえばホラー映画は苦手である。刃物や銃弾が飛び交い、たくさんの血の流れるような、いわば視覚に直接訴えるような映画は、ほとんど勘弁である。しかし、心理的に訴えるサスペンス、ホラーは大好き、勝手なものである。

 このほど、制作費がわずか135万円という映画「パラノーマル・アクティビティ」(プレシディオ配給)を見た。これがたいへんにスリリングな展開で、ぐいぐいと画面に引き込まれていく。若いカップルの寝室で、ふたりが寝静まったあと、原因不明の音がしたり、何か訳のわからないことが次々と起こる。はたして何が起こるのかを、はじめはおもしろ半分、寝る直前から朝目覚めるまでを、ビデオカメラに記録し始める。

 映画は、怯えながらも真相を解明しようとするふたりの様子と、撮影したビデオ映像の2つの角度から構成されている。いったい、どのようなことが起こるのか、原因は、そして正体は何なのか、そして、ふたりはどうなるのか…。

 アメリカでは昨年の9月、12館でのレイトショーでスタート、これが口コミによって、公開劇場が少しずつ増加、増え続ける興行収入は、公開5週目には全米1位になる。11月には、なんと、1億ドル(約96億円)を突破したという。まさにアメリカン・ドリーム、作品が面白ければ、観客は足を運ぶいい例だろう。映画のおもしろさは、単にお金をかければいいというものではない。

 いわば、パラノーマル・アクティビティ(超常現象)を描いたホラーである。ホラーといっても、残虐なシーンや、血が出るようなシーンはいっさい、ない。夜中に起こる、ちょっとした異変が、何度も何度も出てくるだけである。何か物音がしたり、開けていたドアが突如閉まったり、シーツが勝手に波打ったり。とにかく、家のなかのようすが何かおかしいのである。何かが起こっているのである。

 寝室に据えられたビデオカメラが、寝入ったあとの様子の一部始終を記録する。初めは、ちょっとした異変にすぎないが、このおかしな出来事は、次第にエスカレートしていく。ほとんど一軒の家のなかでの撮影、役者も無名、まったくの低予算の作品である。しかし、面白いものは面白い。

 ゲームソフトの開発をしているイスラエル出身のオーレン・ペリが監督、脚本、製作、編集のすべてを担当する。まだ若い人のようである。次回作以降、その真価が問われることになる。

Related article

  • 今週末見るべき映画「あの日、欲望の大地で」
    今週末見るべき映画「あの日、欲望の大地で」
  • 今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 今週末見るべき映画「ハゲタカ」
    今週末見るべき映画「ハゲタカ」
  • 今週末見るべき映画「メキシカン・スーツケース」
    今週末見るべき映画「メキシカン・スーツケース」
  • 今週末見るべき映画「預言者」
    今週末見るべき映画「預言者」
  • 娘よ 【今週末見るべき映画】
    娘よ 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」
  • 3
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 4
    ノールのラグジュアリーなテキスタイル
  • 5
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 6
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 7
    ル・コルビュジエのプライベートに迫る新刊
  • 8
    フォトギャラリー:ロレックスのアート・プログラム、ロンドンレポート
  • 9
    フォトギャラリー:メルセデス「限定B-Class」「SLS AMG」
  • 10
    スープから最新プロジェクトまで「遠山正道の仕事」展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加