「光と重力」写真家・今井智己の写真展、28日まで

2010年 2月 25日 18:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今井智己は、森や荒れた岩肌のむき出しになった自然に近い風景を静かに撮影しながら、それと同じ手法で、日常の何気ない一場面を自然の風景と等価に記録することのできる写真家だ。開催中の展覧会では先頃発売になったばかりの今井氏の写真集「光と重力」(リトルモア刊)の中から20点あまりが展示されている。

 愛用の8x10の大型カメラで撮影された写真は、そのどれもが写真集に収められたものよりも大きく、より精細に引き伸ばされている。今井氏が撮る、すみずみまでピントのブレのない写真は、現実に肉眼で見えているものと、肉眼では捉えることの出来ない何か、そして実際には見えてはいけないものまでもが写り込んでいるようで、目をそらすことが出来ない魅力をもっている。

 写真展会場に足を運び、オリジナルプリントでみる楽しみは、近くでみたり、少し離れてみてみたり、異なる視点から楽しむことが出来ることだろう。

 実際の写真を目の前にしてその細部までをみることは、写真家がファインダーをのぞき、シャッターを押す束の間に実際にみた同じ風景と、そこで感じた個人的な思いを追体験することでもある。

 「光と重力」という、自然界には当たり前にあるものを写真にこめたという今井氏。誰もがみることができる風景から、まったく異なる情感と景色を映し出す写真家の固有の視点。写真家今井智己氏に、今回の写真展について話を聞いた。

Related article

  • リボン、ボタンを精霊に見立てる、内藤礼の個展
    リボン、ボタンを精霊に見立てる、内藤礼の個展
  • 東京ミッドタウンで、変動するデザインの可能性を感じる企画展
    東京ミッドタウンで、変動するデザインの可能性を感じる企画展
  • 今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
    今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
  • 村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
    村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
  • 初夏の休日を過ごすなら「メルシャン軽井沢美術館」で
    初夏の休日を過ごすなら「メルシャン軽井沢美術館」で
  • 【トーク】ルネサンス三大巨匠編(3)/第一回ヘンタイ美術館
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(3)/第一回ヘンタイ美術館

Prev & Next

Ranking

  • 1
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 2
    “華”のある男靴、ルイ・ヴィトンの新作
  • 3
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • 4
    250周年を迎えたバカラより、涼しげな日本限定グラスを
  • 5
    ビブリオファイル Cruising 5月のおすすめ
  • 6
    エスティ ローダーの先端エイジング「シワ対策モイスチャライザー」
  • 7
    【動画】シャネル2014年 春夏プレタポルテコレクション
  • 8
    建築家・辰野金吾の建物を再生した「DEAN & DELUCA京都」
  • 9
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 10
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加