『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS

2010年 3月 15日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在「クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS」が、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて行われている。これは2009年11月、ジャンヌ=クロード氏の訃報に接した同館ディレクターの三宅一生氏が、哀しみのなか「自分に何かできないだろうか」と考えた末、クリスト氏に申し出たことがきっかけで短期間のうちに実現した特別展である。クリストとジャンヌ=クロード氏は、基本的に回顧展の類いは行わない主義。彼らの長年にわたる友人である三宅一生氏の申し出が、彼らの活動を振り返る貴重な展覧会を実現するきっかけとなった。

「ゲート、ニューヨーク市セントラルパーク、1979-2005」でのクリストとジャンヌ=クロード、2005年2月(photo: Wolfgang Volz)

 クリストとジャンヌ=クロード氏のふたりは、半世紀にわたって世界中で、期間限定の巨大なアート作品を作り上げてきた。それはたとえば、パリ最古の橋、ポン・ヌフを輝くベージュの布で包んだり、カリフォルニアの丘陵地帯と日本の田園風景に黄色と青の傘の花を咲かせたり、ベルリンのライヒスターク(旧帝国議会議事堂)を銀色の布で包んだりといったもの。それらはそこに既にあるもの、その土地と密接に関わる建造物や自然の数々をアート作品の中に巻き込んだ、壮大なスケールを持つものである。

「包まれたポン・ヌフ、パリ、1975-1985」(© Christo, 1985, photo: Wolfgang Volz)

Related article

  • フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
    フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
  • 今週末見るべき映画「おみおくりの作法」
    今週末見るべき映画「おみおくりの作法」
  • 新たなアートスポット「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」
    新たなアートスポット「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」
  • 直島に新たな安藤建築、李禹煥美術館が開館
    直島に新たな安藤建築、李禹煥美術館が開館
  • 男子必見!「かみの工作所」、伊勢丹新宿店レポート
    男子必見!「かみの工作所」、伊勢丹新宿店レポート
  • ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 2
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 3
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 4
    メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」を発表
  • 5
    2011年の締めくくりは、ザ・リッツ・カールトン東京で
  • 6
    銀座の街に出現した「メゾンエルメス×吉岡徳仁」のウィンドウ
  • 7
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 8
    iMacがついにアルミのグッドデザインに
  • 9
    大きいトート/注目すべき、厳選メンズバッグ(2)
  • 10
    無印良品が考えるリノベーション、ユーザー参加型企画が進行

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加