誰もが一度は通る道「通学路」の写真集シリーズ

2010年 3月 25日 13:25 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎朝、遅刻しまいと全速力で走った道
大人数でわいわいしながら帰る道
一人で夕日を見つめながら、考え事をする道
グリコ・チョコレート・パイナップルでなかなか進まない道
気になるあの子と一緒に、わざとゆっくり歩く道

 このすべてに共通する「道」は、そう「通学路」。毎日通った道、目をつぶってでも辿り着ける道。誰でも自分の「通学路」があるだろう。その道に刻まれた記憶は、何年経っても、その場所がすっかり変わっていたとしても、消えることはない。



 グラフィックデザイナーの尾原史和氏が、自身で立ち上げた出版レーベルの第一弾の企画として、「通学路」をテーマにした写真シリーズの刊行をスタートした。フォトグラファーが1人1県、自分の故郷を担当し、自分が通った「通学路」をテーマに写真集を撮り下ろすという企画だ。

284×310mm、全16P 各¥1,500 発行:株式会社プランクトン

「卒業してからもう何年、何十年と経った今、『通学路』というのは普段の生活では思い出しません。その頃の記憶を見ないことにしているという人もいるかもしれない。しかし、もう一回その現場に帰ってみて、もう一度通学路を歩いてみると、その当時の記憶がすぐに呼び覚まされるし、また今見ると違った風景が見えてくる。登校する道、帰り道、寄り道だってすべてが『通学路』です。スクールゾーンの捉え方は人それぞれです。その人自身にとっての『通学路』を撮ってもらいたいと思い、写真家の方とのやりとりをしました。まず第1弾で13冊。今後続けて1都1道2府43県、全部で47冊揃えていく予定です」(尾原氏)

Related article

  • 暮らしに書斎空間が誕生!? トラフの新製品「コロロデスク」
    暮らしに書斎空間が誕生!? トラフの新製品「コロロデスク」
  • 2月に「クリストとジャンヌ=クロード展」開催
    2月に「クリストとジャンヌ=クロード展」開催
  • 「スイス年」アートの総決算、チューリヒ美術館展
    「スイス年」アートの総決算、チューリヒ美術館展
  • あの“ティム・バートン”の展覧会が日本初上陸!
    あの“ティム・バートン”の展覧会が日本初上陸!
  • 「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
    「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
  • ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」
    ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 2
    Blue Note Tokyo × BEAMS ブルーノート東京30周年記念、コラボレーションアイテム発売
  • 3
    円と直線が生み出す本質。固定観念に挑み続ける表現者、高橋理子
  • 4
    ポルシェは4モデルを日本初公開、東京モーターショー
  • 5
    今週末見るべき映画<番外編>「フランス映画祭2014」
  • 6
    新型ポロ、「コンパクト」を超えたデザインと走りのDNA
  • 7
    今週末見るべき映画「フード・インク」
  • 8
    自分への贈り物。シャネルで探す、大人のご褒美ギフト
  • 9
    世界最大のショコライベント、サロン・デュ・ショコラが開催中
  • 10
    注目!カイカイキキ期待の新人、obの初個展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加