自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」

2010年 4月 22日 20:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 こどもの ころから
 えが すきだった
 いのくまさん
 おもしろい えを
 いっぱい かいた

 東京・初台の東京オペラシティアートギャラリーで、日本を代表する洋画家・猪熊弦一郎氏の展示「いのくまさん」が始まった。この展覧会は、香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2007年に開催された展示の東京展である。

 谷川俊太郎氏・文、杉浦範茂氏・構成による猪熊弦一郎氏の絵本「いのくまさん」(小学館)の内容に沿って、ドローイング、ペインティング、おもちゃ等約100点の作品が展示されている。


 猪熊氏は、1902年に香川県丸亀生まれ。1921年に上京し、東京美術学校(現・東京藝術大学)で藤島武二氏に師事。1938年よりパリに留学し、アンリ・マティスに指導を受け、藤田嗣治氏、宮本三郎氏らと交遊を深める。終戦後は日本に帰国し美術教育を行っていたが、1955年にニューヨークへ、画家として再出発することになる。1975年にハワイに移住。晩年は東京で暮らし1993年、享年90歳で急逝した。

 では、生涯飽くことなき探求心で絵や造形に向かっていった、いのくまさんの世界へ行ってみよう。


 谷川俊太郎氏のこころよい響きの言葉で、展覧会は進んでいく。猪熊氏が幼い頃に描いたドローイングや自画像、そして、猪熊氏が愛したモチーフである人の顔、猫、鳥とストーリーは続く。

Related article

  • Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
    Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
  • 真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 清水久和が世界に放つ 「フルーツ」
    清水久和が世界に放つ 「フルーツ」
  • サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」
    サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」
  • 「コズミック・トラベラーズ ― 未知への旅」のアーティスト紹介
    「コズミック・トラベラーズ ― 未知への旅」のアーティスト紹介
  • 「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 2
    建築家・辰野金吾の建物を再生した「DEAN & DELUCA京都」
  • 3
    【動画】シャネル2014年 春夏プレタポルテコレクション
  • 4
    BOSEとCA4LAのコラボとは?
  • 5
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 6
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」
  • 7
    ミラノサローネ2010プレビュー、カルテルから吉岡徳仁新作
  • 8
    渋谷ロフトが8年ぶりに全面リニューアルオープン
  • 9
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 10
    特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明  特撮博物館  ミニチュアで見る昭和平成の技』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加