自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」

2010年 4月 22日 20:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 こどもの ころから
 えが すきだった
 いのくまさん
 おもしろい えを
 いっぱい かいた

 東京・初台の東京オペラシティアートギャラリーで、日本を代表する洋画家・猪熊弦一郎氏の展示「いのくまさん」が始まった。この展覧会は、香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2007年に開催された展示の東京展である。

 谷川俊太郎氏・文、杉浦範茂氏・構成による猪熊弦一郎氏の絵本「いのくまさん」(小学館)の内容に沿って、ドローイング、ペインティング、おもちゃ等約100点の作品が展示されている。


 猪熊氏は、1902年に香川県丸亀生まれ。1921年に上京し、東京美術学校(現・東京藝術大学)で藤島武二氏に師事。1938年よりパリに留学し、アンリ・マティスに指導を受け、藤田嗣治氏、宮本三郎氏らと交遊を深める。終戦後は日本に帰国し美術教育を行っていたが、1955年にニューヨークへ、画家として再出発することになる。1975年にハワイに移住。晩年は東京で暮らし1993年、享年90歳で急逝した。

 では、生涯飽くことなき探求心で絵や造形に向かっていった、いのくまさんの世界へ行ってみよう。


 谷川俊太郎氏のこころよい響きの言葉で、展覧会は進んでいく。猪熊氏が幼い頃に描いたドローイングや自画像、そして、猪熊氏が愛したモチーフである人の顔、猫、鳥とストーリーは続く。

Related article

  • 話題の東京ミッドタウン、注目したい空間と店舗
    話題の東京ミッドタウン、注目したい空間と店舗
  • 磯崎新「12×5=60」展がワタリウム美術館にて開催
    磯崎新「12×5=60」展がワタリウム美術館にて開催
  • 写真家・森本美絵の個展「Single Plural」
    写真家・森本美絵の個展「Single Plural」
  • まばゆい「光の彫刻」に酔いしれる
    まばゆい「光の彫刻」に酔いしれる
  • 今週末見るべきイベント|「MEDIA AMBITION TOKYO」and more
    今週末見るべきイベント|「MEDIA AMBITION TOKYO」and more
  • コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 4
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 5
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)
  • 6
    革新的なデザインフェア「Design Miami」
  • 7
    華麗なる「TOYOTA 2000GT」ボンドカー
  • 8
    垂涎のアンティーク・コレクションが見られる着物展
  • 9
    新たな美味しいを発見。「GOOD NEIGHBORS' FINE FOODS」誕生
  • 10
    「LIFEPROOF」、iPhone5/5sケース「fré」「nüüd」新色を発売開始

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加