自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」

2010年 4月 22日 20:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 こどもの ころから
 えが すきだった
 いのくまさん
 おもしろい えを
 いっぱい かいた

 東京・初台の東京オペラシティアートギャラリーで、日本を代表する洋画家・猪熊弦一郎氏の展示「いのくまさん」が始まった。この展覧会は、香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2007年に開催された展示の東京展である。

 谷川俊太郎氏・文、杉浦範茂氏・構成による猪熊弦一郎氏の絵本「いのくまさん」(小学館)の内容に沿って、ドローイング、ペインティング、おもちゃ等約100点の作品が展示されている。


 猪熊氏は、1902年に香川県丸亀生まれ。1921年に上京し、東京美術学校(現・東京藝術大学)で藤島武二氏に師事。1938年よりパリに留学し、アンリ・マティスに指導を受け、藤田嗣治氏、宮本三郎氏らと交遊を深める。終戦後は日本に帰国し美術教育を行っていたが、1955年にニューヨークへ、画家として再出発することになる。1975年にハワイに移住。晩年は東京で暮らし1993年、享年90歳で急逝した。

 では、生涯飽くことなき探求心で絵や造形に向かっていった、いのくまさんの世界へ行ってみよう。


 谷川俊太郎氏のこころよい響きの言葉で、展覧会は進んでいく。猪熊氏が幼い頃に描いたドローイングや自画像、そして、猪熊氏が愛したモチーフである人の顔、猫、鳥とストーリーは続く。

Related article

  • アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
    アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • アール・デコを生活文化の中に見る展覧会
    アール・デコを生活文化の中に見る展覧会
  • 原美術館「ホームアゲインーJapanを経験した10人のアーティスト」展開催
    原美術館「ホームアゲインーJapanを経験した10人のアーティスト」展開催
  • 没後50年、ケネディ大統領の人生を辿る|「JFK—その生涯と遺産」展
    没後50年、ケネディ大統領の人生を辿る|「JFK—その生涯と遺産」展
  • ビブリオファイル Cruising 10月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 10月のおすすめ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 2
    コクヨのショップ&カフェが、東京、千駄ヶ谷に5月26日オープン!
  • 3
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 4
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
  • 5
    花に変容をもたらす魔法の小箱、東信の個展
  • 6
    新型ゴルフのデザイナーが語る「本当に美しいデザイン」とは?
  • 7
    iPadに「デジタルクラフトの世界。」を無料配信開始
  • 8
    今週末見るべき映画「天使の分け前」
  • 9
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 10
    恵比寿に、杉本貴志プロデュース『春秋ユラリ』がオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加