自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」

2010年 4月 22日 20:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 こどもの ころから
 えが すきだった
 いのくまさん
 おもしろい えを
 いっぱい かいた

 東京・初台の東京オペラシティアートギャラリーで、日本を代表する洋画家・猪熊弦一郎氏の展示「いのくまさん」が始まった。この展覧会は、香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2007年に開催された展示の東京展である。

 谷川俊太郎氏・文、杉浦範茂氏・構成による猪熊弦一郎氏の絵本「いのくまさん」(小学館)の内容に沿って、ドローイング、ペインティング、おもちゃ等約100点の作品が展示されている。


 猪熊氏は、1902年に香川県丸亀生まれ。1921年に上京し、東京美術学校(現・東京藝術大学)で藤島武二氏に師事。1938年よりパリに留学し、アンリ・マティスに指導を受け、藤田嗣治氏、宮本三郎氏らと交遊を深める。終戦後は日本に帰国し美術教育を行っていたが、1955年にニューヨークへ、画家として再出発することになる。1975年にハワイに移住。晩年は東京で暮らし1993年、享年90歳で急逝した。

 では、生涯飽くことなき探求心で絵や造形に向かっていった、いのくまさんの世界へ行ってみよう。


 谷川俊太郎氏のこころよい響きの言葉で、展覧会は進んでいく。猪熊氏が幼い頃に描いたドローイングや自画像、そして、猪熊氏が愛したモチーフである人の顔、猫、鳥とストーリーは続く。

Related article

  • Interview:現代アーティストD【di:】|独自の世界観で様々なものを創造する
    Interview:現代アーティストD【di:】|独自の世界観で様々なものを創造する
  • 今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」
    今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」
  • ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
  • デザイン? アート?「鏡の髪型 清水久和」展
    デザイン? アート?「鏡の髪型 清水久和」展
  • 既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
    既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
  • ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 2
    ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」
  • 3
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 4
    「ISETAN HANEDA STORE」本日オープン
  • 5
    今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」
  • 6
    野村仁回顧展「変化する相—時・場・身体」
  • 7
    立ち去った女 【今週末見るべき映画】
  • 8
    東大に安藤忠雄×柳舘功「UTカフェ ベルトレルージュ」
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    パリの街角vol.1『モンマルトルの丘で。島田順子、KYOKO親子withシンスケ』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加