落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」

2010年 7月 1日 15:50 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク在住のアーティスト・落合多武氏の個展「スパイと失敗とその登場について」が東京・青山のワタリウム美術館で開催中だ。


 1967年生まれの落合多武氏は、2007年水戸芸術館の「マイクロポップの時代」展、その後2009年原美術館の「ウィンターガーデン」が記憶に新しい。

 「マイクロポップ」は、美術評論家の松井みどり氏による言葉で、「マイクロポップとは、制度的な倫理や主要なイデオロギーに頼らず、様々なところから集めた断片を統合して、独自の生き方の道筋や美学を作り出す姿勢を意味している」(『マイクロポップの時代:夏への扉』より引用)。

 いわゆるゼロ年代と呼ばれるアーティストの一人である。ユルいドローイングや、言葉を用いた作品、映像、彫刻など、スタイルはさまざま。どの作品にも通底しているのが、「概念のズレ」である。気持ちよくズラされるのである。本人の言葉を交え、作品をいくつか紹介したい。

 2階から4階までの3フロアを使った展示で、各階にテーマが設定されている。2階は「地球の人工物」、3階は「明るい部屋」、4階は「魔術っぽい部屋」。

「建築、彫刻または何か」

 まずは2階から。展示室をぐるりと取り囲むようにドローイングが貼られている。描かれているモチーフは、実際に存在する図書館や官公庁のビル、有名建築家による建物、彫刻… などに混じってお墓が出てきたり、刑務所が出てきたり、KGBの本部が出てきたり、盲学校の側に図書館があったりする。その建物が建てられた場所やその建物にいるであろう人びと、お墓の中で眠っている人びと、建物の機能など、いろいろな意味が頭に渦巻き、いつのまにか絵同士を関連付けて見ている自分に気がついた。

Related article

  • フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 瑞々しい若手100人超のアーティストが描く「羊がいっぱい!」展
    瑞々しい若手100人超のアーティストが描く「羊がいっぱい!」展
  • まばゆい「光の彫刻」に酔いしれる
    まばゆい「光の彫刻」に酔いしれる
  • 奈良美智撮り下ろし、チャリティ大判カードセット
    奈良美智撮り下ろし、チャリティ大判カードセット
  • 美しき「可変性」、ジャン=ミシェル オトニエル個展
    美しき「可変性」、ジャン=ミシェル オトニエル個展
  • 男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(1)
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドイツ、インテリアファブリックの祭典で見つけたアイディアと新作
  • 2
    graf + flame「生活を照らすこと」展
  • 3
    フォトギャラリ―:マグノリアベーカリーの素敵スイーツ
  • 4
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
  • 5
    今週末見るべき映画「ウォールフラワー」
  • 6
    ワンランク上のご褒美トリップ in マンダリン オリエンタル マカオ
  • 7
    プジョーRCZ、五感に響くデザイン至上主義
  • 8
    日本初上陸まで3ヶ月、シャングリ・ラ ホテル
  • 9
    シトロエン新型C5、“ザハ”的なるデザインとは
  • 10
    六本木ヒルズに出現、写真で感じる『ルイ・ヴィトンの森』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加