今週末見るべき映画「ザ・コーヴ」

2010年 7月 2日 18:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のアカデミー賞、長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」(アンプラグド配給)の、6月26日に予定されていた公開が中止となった。

 映画は、古くからイルカ漁とともに生きる町、和歌山県太地町が舞台。アメリカからのクルーが、太地町のイルカ漁の様子を、秘密裡にカメラに収めようとする。映画は、このイルカ漁のシーンがクライマックスとなる。


 6月初め、配給元から公開中止の連絡があった。度重なる抗議の電話が劇場にあったこと。抗議による街宣活動の予告が劇場、関係者にあったこと。この2点が中止の理由である。抗議をしたのは、この映画を「反日映画」と理解した人たちからと思われる。配給側は、決して「反日映画」ではない、建設的な議論が必要、として、公開、上映の努力を続ける、とコメントを出す。

 6月4日には、ルイ・シホヨス監督、出演しているリック・オバリー氏のコメントが届く。監督は言う。「残念に思う。上映出来る映画館を見つけてくださるよう祈っている」 また、オバリーは、「憲法21条は守られるべき。知る権利、表現の自由は守られるべき。一部の人たちが、本作を見る権利を奪うことは、民主主義を脅かす行為と思う」

 6月18日には、2000人限定ながら、ネット上の動画配信サイトから無料配信される。6月21日、やっと劇場公開が決まり、その発表に合わせてのシンポジウムが開かれる。

 映画は7月3日(土)、シアター・イメージフォーラムほか、日本全国、たくさんの映画館での上映が決定。けっこうなことと思う。


 シンポジウムには、いろんな意見が出る。ジャーナリストの田原総一朗氏、映画監督の崔洋一氏がコメント。また、劇場支配人からのメッセージがいくつか紹介される。くわしくは、「ザ・コーヴ」の公式サイトほか、ネットでも読めるので、ここでは触れない。

 映画は、いわゆる「反日」というほどのものではない。太地町で古くから行われているイルカ漁の様子を、隠し撮りして映像に収めている。外国人がアメリカに行き、スーパーで売っている牛肉や、牛の屠殺を映像にして、アメリカの愛国者から「反米」と言われるかどうか。ありえないと思う。

 公開を妨害するだけで、逆に、なにか問題のある映画、ということで、宣伝になっている部分もある。「太陽」や「靖国」なども、そのいい例かもしれない。

 よく編集されたドキュメントである。事実誤認の部分があるとの声もあるが、まるでスパイ映画さながら、撮影という作戦を遂行するまでのプロセスを、サスペンスたっぷりに描いていく。

Related article

  • 今週末見るべき映画「マンマ・ミーア!」
    今週末見るべき映画「マンマ・ミーア!」
  • 今週末見るべき映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
    今週末見るべき映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
  • 今週末見るべき映画「マーサ、あるいはマーシー・メイ」
    今週末見るべき映画「マーサ、あるいはマーシー・メイ」
  • 今週末見るべき映画「フォンターナ広場―イタリアの陰謀」
    今週末見るべき映画「フォンターナ広場―イタリアの陰謀」
  • 不都合な真実2:放置された地球 【今週末見るべき映画】
    不都合な真実2:放置された地球 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ユルゲン・ベイが提案する、新しいオフィスのあり方
  • 2
    コンペティションの9作品を紹介━第13回東京フィルメックス
  • 3
    今週末見るべき映画「消えた画 クメール・ルージュの真実」
  • 4
    梅最中/梅花亭 by Tokyo的 男の手土産
  • 5
    トレードマークは手錠、バッグブランド「カフス」
  • 6
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 7
    メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など
  • 8
    ブルーマン再び! 「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」再演
  • 9
    何気なく、みずみずしい日常の瞬間を描くナターシャ・ロウ
  • 10
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加