インタビュー:ギ・コジュヴァル オルセー美術館館長

2010年 7月 9日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木の国立新美術館にて、開催中の「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」。オルセー美術館館長のギ・コジュヴァル氏に、個人的に思い入れのある作品などについて話を聞いた。

ー過去にも「オルセー美術館展」は日本で行われてきましたが、あらためて今回行われる意義についてお聞かせください。

 日本は印象派の良い絵画をたくさんお持ちですね(笑)。今回の展覧会について言いますと、まずはこの20年間に、日本には来ていなかった絵画がたくさん来ていることにご注目ください。ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌの「貧しき漁夫」、ギュスターヴ・モローの「オルフェウス」、そして、モーリス・ドニの「セザンヌ礼讃」など、名作の数々が来ています。

ギュスターヴ・モロー「オルフェウス」
(C)RMN(Musee d'Orsay)/Herve Lewandowski/distributed by AMF

 また、ピエール・ボナールの装飾パネルやエドゥアール・ヴュイヤールの「公園」なども要注目です。中でも、ヴュイヤールの「公園」は「貸し出すことは決してない」と言われるほどのものを今回持ってきました。もちろん、今までのオルセー美術館展でご覧になったものもあるかもしれませんが、これだけの数の絵画が一堂に会する展覧会はなかったのではないでしょうか。私ですら、これだけのボリュームを目の当たりにして感激していますから(笑)。

ー今回の展覧会の中で、特に館長自身が好きな絵を教えてください。

 日本の皆様のためにヴュイヤールの「公園」を持ってくることができて、本当に嬉しく思っています。なぜかと言いますと、私はヴュイヤールの研究を15年来行っておりまして、いろいろな論文、カタログレゾネへの寄稿もしております。それだけに大変思い入れが強いのです。

Related article

  • フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
    フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
  • 森美術館で六本木クロッシング2010展が開幕
    森美術館で六本木クロッシング2010展が開幕
  • 今週末見るべき映画「トゥ・ザ・ワンダー」
    今週末見るべき映画「トゥ・ザ・ワンダー」
  • 「オランダのアート&デザイン新言語」が開催
    「オランダのアート&デザイン新言語」が開催
  • 厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • ラフォーレミュージアム原宿で「個展 忌野清志郎の世界」開催中
    ラフォーレミュージアム原宿で「個展 忌野清志郎の世界」開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2010、現地レポート
  • 2
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 3
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 4
    Wホテル台北 開業1周年はバレンタインデー、ホットでセレブなステイを約束するキャンペーン
  • 5
    Rhizomatiks Architecture×Salyu 1000人だけが体験できる1夜限りのシークレットイベント 『日田の山と川と光と音』 平成30年10月27日(土)
  • 6
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 7
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 8
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 9
    フォルクスワーゲン・ザ・ビートルの新バリエーション「ザ・ビートル カブリオレ」
  • 10
    ザ・コンランショップの「買いやすい」新アイテム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加