iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信

2010年 7月 14日 19:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIの携帯電話ブランド「iida」から、Art Editions Conceptが発表された。第1弾の草間彌生氏に続き、作品を手がけたのは、彫刻家の名和晃平氏とフラワーアーティストの東信氏だ。

 Art Editionsシリーズは携帯電話をアート作品へと昇華させることで、人と携帯の関係性を問い直すプロジェクトだ。草間氏の作品はごく限られた数が販売されたが、今回発表された2作品については、コンセプトモデルで商品化については今のところ未定。


 彫刻家の名和晃平氏による作品「PixCell via PRISMOID(ピクセル ビア プリズモイド)」は、透明な球体を使う同氏の代表的な彫刻概念「PixCell」を元に、深澤直人氏のデザインによる携帯電話「PRISMOID」とモニターにビーズを施した作品で、端末とモニターで構成されている。

名和晃平「PixCell via PRISMOID」

Related article

  • 「mixi」の今、ソーシャルフォンサービスとは?
    「mixi」の今、ソーシャルフォンサービスとは?
  • 健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
    健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
  • 吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
    吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
  • エレガントな革新ウォッチ、セイコーのソーラー電波クロノグラフ
    エレガントな革新ウォッチ、セイコーのソーラー電波クロノグラフ
  • フォトギャラリー:アマダナのポケットビデオカメラ「SAL」
    フォトギャラリー:アマダナのポケットビデオカメラ「SAL」
  • 写真とは何か?「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」
    写真とは何か?「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加