iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信

2010年 7月 14日 19:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIの携帯電話ブランド「iida」から、Art Editions Conceptが発表された。第1弾の草間彌生氏に続き、作品を手がけたのは、彫刻家の名和晃平氏とフラワーアーティストの東信氏だ。

 Art Editionsシリーズは携帯電話をアート作品へと昇華させることで、人と携帯の関係性を問い直すプロジェクトだ。草間氏の作品はごく限られた数が販売されたが、今回発表された2作品については、コンセプトモデルで商品化については今のところ未定。


 彫刻家の名和晃平氏による作品「PixCell via PRISMOID(ピクセル ビア プリズモイド)」は、透明な球体を使う同氏の代表的な彫刻概念「PixCell」を元に、深澤直人氏のデザインによる携帯電話「PRISMOID」とモニターにビーズを施した作品で、端末とモニターで構成されている。

名和晃平「PixCell via PRISMOID」

Related article

  • 草間彌生の宇宙が広がる、「とこしえの愛の部屋」写真展
    草間彌生の宇宙が広がる、「とこしえの愛の部屋」写真展
  • 三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
    三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
  • スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展
    スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展
  • スティービー・ワンダーも購入した逸品とは?
    スティービー・ワンダーも購入した逸品とは?
  • ミラノサローネ2010プレビュー、キヤノン「NEOREAL」
    ミラノサローネ2010プレビュー、キヤノン「NEOREAL」
  • 今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
    今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
  • 3
    ドイツのキッチン「ポーゲンポール」広尾にショールーム
  • 4
    テクノロジーが進化させる、おもちゃの世界/2014、最新テクノロジー(3)
  • 5
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 6
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(1)/第一回ヘンタイ美術館
  • 7
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 8
    フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(3)
  • 9
    今週末見るべき映画「ムード・インディゴ~うたかたの日々~」
  • 10
    ゲンズブールも愛した、レノマの新たなコレクション

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加