必見の「ウィリアム・エグルストン:パリ—京都」

2010年 7月 16日 10:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 70年代後半、「ニュー・カラー」と呼ばれるアメリカで巻き起こった写真のムーブメントの中心にいた男。それが1939年生まれの写真家、ウィリアム・エグルストンである。現在、個展「ウィリアム・エグルストン:パリ—京都」が東京・品川の原美術館で開催中だ。世界中の写真家からリスペクトされているが、日本ではこれまでまとめて紹介される機会がなく、今回、日本の美術館における初めての個展となった。


ウィリアム エグルストン「パリ」 カルティエ現代美術財団蔵 Courtesy Cheim and Read, New York © 2009 Eggleston Artistic Trust, Memphis

 アメリカ南部のテネシー州メンフィスに生まれたウィリアム・エグルストン氏は、大学時代にアンリ・カルティエ=ブレッソンやウォーカー・エヴァンスの写真集に影響を受けて、写真家を志す。当初は彼ら同様にモノクロームの写真を撮っていた彼だが、60年代半ばよりカラー写真を中心に作品制作を行うようになる。

 当時、カラー写真はモノクロームに比べて一段低く見られていたが、ニューヨーク近代美術館写真部門ディレクターのジョン・シャーカフスキーに見出され、1976年、同館としては初めてのカラー写真家の個展としてエグルストンを取り上げることに。同時に刊行した写真集「ウィリアム・エグルストンズ・ガイド」とともに一気に注目を集め、彼はカラー写真を芸術的表現の域にまで高めた写真家のひとりとして名声を確立する。

Related article

  • 「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 【トーク】ルネサンス三大巨匠編(3)/第一回ヘンタイ美術館
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(3)/第一回ヘンタイ美術館
  • 新たなアートスポット「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」
    新たなアートスポット「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」
  • shu uemuraの集大成 シュウサンクチュアリ
    shu uemuraの集大成 シュウサンクチュアリ
  • 建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • 軽やかに輝くローズの香り、「クロエ オードトワレ」
    軽やかに輝くローズの香り、「クロエ オードトワレ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 2
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 3
    刀剣における日本の伝統美を映し出す職人技 日本橋三越本店で河内國平個展「光=映=日本刀」
  • 4
    ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
  • 5
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 7
    ジャズ名盤講座第5回「ベツレヘム」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 9
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 10
    ジョブズ、「奇跡の15年」に感謝を込めて

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加