『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く

2010年 7月 29日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、フランス・パリ市内のカルティエ現代美術財団で行われている、ビートたけし/北野武「Gosse de peintre - 絵描き小僧」展。3月のスタート以来、フランス各地はもちろん、世界中から多くの人たちが訪れている。会期は3ヵ月延長した9月12日までとなり、カルティエ現代美術財団においても、異例の6ヵ月間のロングラン開催となっている。

ビートたけし/北野武「Gosse de peintre - 絵描き小僧」
Vue de l'exposition Beat Takeshi Kitano, Gosse de peintre, Fondation Cartier pour l'art contemporain, Paris, 11 mars - 12 septembre 2010 © Office Kitano Inc. Photo Grégoire Eloy

 この展覧会は、カルティエ現代美術財団から北野氏への依頼によって実現したコミッションワーク(依頼制作)によるものだ。1984年に設立したカルティエ現代美術財団は、写真、絵画、ビデオ、デザイン、ファッションなど多岐に渡る分野で活躍する世界中のアーティストを紹介するため、さまざまなコミッションワークを積極的に行っている。2006年に東京都現代美術館で行われた「カルティエ現代美術財団コレクション展」も、記憶に新しいのではないだろうか。


 そして、東京・品川の原美術館で開催中の「ウィリアム・エグルストン:パリ—京都」も、財団の依頼によって実現したプロジェクトのひとつ。財団の活動について、カルティエ現代美術財団のキュレーター、グラツィア・クアローニ氏に話を聞いた。

—カルティエ現代美術財団のコミッションワークを行うアーティストの選択基準を教えてください。

 選択基準は単純で、ひとつしかありません。カルティエ財団は、世界中の、あらゆるクリエイション——ビジュアル、映画、音楽、アーツ、ファッションデザインなどの、それぞれの分野でのトップの方を選んでいます。

—コミッションワークでは、その分野でのトップの方の、さらに知られざる分野の才能を見つけ出していると感じます。たとえば、映画監督である北野武氏のアーティストとしての側面、日本では発掘されていなかった分野に光をあてました。これは財団として意識的に行っていることなのでしょうか。

 そうですね、意図的にやっています。しかし、重要なのはこちらからわざわざ何もないところから創ることを依頼するのではなく、そのアーティストが既に持っている宇宙の中の、ひとつの分野を引き出してあげるということにすぎません。たとえば、デヴィッド・リンチやパティ・スミスなど、映画や音楽の分野で既に相当の実績を持っているアーティストの、別の側面に光をあてていくことを我々はこれまでにもやってきました。彼らは美術館で作品を見せることには慣れていません。ですから、そこで「大丈夫なんだ」というある種の自信を持っていただく——そのために私たちの役割があると思っています。

Related article

  • エキゾチックカラーが魅力「シャネル 2009ノエルコレクション」
    エキゾチックカラーが魅力「シャネル 2009ノエルコレクション」
  • 視覚の隙を突いて、空間をねじ曲げる。アニッシュ・カプーア
    視覚の隙を突いて、空間をねじ曲げる。アニッシュ・カプーア
  • 草間彌生氏が手がける“アート”な携帯電話3作品――「iida」Art Editionsモデル
    草間彌生氏が手がける“アート”な携帯電話3作品――「iida」Art Editionsモデル
  • パリの街角vol.4『アリーグル。カトリーヌ・レヴィ with シンスケ』
    パリの街角vol.4『アリーグル。カトリーヌ・レヴィ with シンスケ』
  • インタビュー:アントン・ベーケ 「ポスト・フォッシル」展より
    インタビュー:アントン・ベーケ 「ポスト・フォッシル」展より
  • 吉岡徳仁の描く未来へのビジョン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(5)
    吉岡徳仁の描く未来へのビジョン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(5)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドゥ・ラ・メールからボディクリーム誕生
  • 2
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 3
    イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー
  • 4
    原宿・明治通りに「ゴディバ ショコイスト原宿」オープン
  • 5
    バレエの絵画と言えばドガ。それはオペラ座で競い合う踊り子達
  • 6
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 7
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • 8
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 9
    まばゆい「光の彫刻」に酔い知れる
  • 10
    HOTEL CLASKAで「ヒント日 展 見えない視線」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加