『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」

2010年 7月 30日 14:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】

 雪の荒野を車が走る。二発の銃声が響く。誰が、どこで、どうなったかは分からない。1981年7月。ウィンブルドンの男子テニスの決勝戦。過去、5年連続で優勝しているスウェーデンのビョルン・ボルグは、第1ゲームを6-4で取るが、、アメリカのジョン・マッケンローに、1対3で敗れる。ボルグの6連覇を阻止したマッケンローの姿が映しだされる。なんとも象徴的なイントロである。

(C) 2009 NORD-OUEST FILMS

 東西冷戦が終わり、ソ連が崩壊する8年前の1981年、モスクワ。KGBの大佐グリゴリエフ(エミール・クストリッツァ)は、情報処理の責任者、いわば、旧ソ連のエリートである。美人の妻、反抗期を迎えているが優秀な息子もいる。収入も多く、何の問題もない暮らしである。

 しかし、現実は変わりつつある。宇宙開発では、アメリカをリードしたものの、グリゴリエフの許に集まる西側の情報は、確実に国の現実を露わにする。祖国ソ連は、このままではいけない、何とかしなければ、とグリゴリエフは思う。

 そんなころ、グリゴリエフは、フランスの国土監視局、DSTと接触することになる。窓口は、モスクワに住む、フランスの家電メーカーの技術者のピエール(ギョーム・カネ)。諜報のプロではない。ソ連側にばれないようにとの、フランス側の魂胆であろうと思われる。

 グリゴリエフは、かつてフランスで勤務したこともあってか、ピエールにふしぎな親近感を覚える。そして、次々と、重要な情報を、ピエールに渡していく。スペースシャトルの設計図、フランスの原子力潜水艦の航海データ…。

 ピエールは、その情報の質の高さに驚く。そして、つい、妻にその情報を見せる。当然、妻はピエールの仕事を察知し、家族のために、手を引くよう、ピエールに迫る。

(C) 2009 NORD-OUEST FILMS

 当時のフランスは、左翼政権のミッテラン。1981年のカナダ、オタワ・サミットでは、アメリカのレーガン大統領は、共産主義者の大臣を組閣したミッテランに、組閣の見直しを求める。

 見返りに、ミッテランがレーガンに書類を渡す。それは、NASAやCIA、ホワイトハウスに勤務するアメリカ人のスパイ情報だった。表紙には、「フェアウェル」と記されている。グリゴリエフの暗号名である。

 グリゴリエフは、フランス側に一切の見返りを求めない。しかも、その情報は、高い精度の貴重なデータばかり。エアフォースワンの設計図、スター・ウォーズ計画といわれているアメリカの防空体制、ホワイトハウスの詳細など。妻から手を引くよう迫られているピエールだが、グリゴリエフの態度や人間そのものに、次第に惹かれていくようになる。

 いまやソ連は、西側の技術を盗むことでしか、成立しない時代になっている。国家や、息子の未来を考えるグリゴリエフに、息子は反抗する。息子は父親を、国家の手先としかみていない。

 やがて、「X部隊」のファイルが、ピエールの手に渡る。そこには、西側にいるスパイのトップ部隊の情報が含まれている。これが、西側に渡れば、ソ連崩壊は時間の問題となる。

 そして、現実に、西側にいるスパイたちが、次々と拘束されていく。ちょうど、ソ連では、新しく書記長になったゴルバチョフが、グラスノスチ(情報公開)、ペレストロイカ(改革)を唱えはじめる。
 
 グリゴリエフやピエールに、当局の手が伸びる。ピエールは、西ドイツのNATO基地で、CIA高官フィニー(ウィレム・デフォー)から尋問される。はたして、ふたりの運命は・・・。

フェアウェル さらば、哀しみのスパイ|ウーマンエキサイトシネマ
7月31日(土)シネマライズほか全国にて順次公開

文/二井康雄

Related article

  • 婚約者の友人 【今週末見るべき映画】
    婚約者の友人 【今週末見るべき映画】
  • マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 【今週末見るべき映画】
    マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「アクト・オブ・キリング」
    今週末見るべき映画「アクト・オブ・キリング」
  • マイ・ベスト・フレンド【今週末見るべき映画】
    マイ・ベスト・フレンド【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
    今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
  • 今週末見るべき映画「セントアンナの奇跡」
    今週末見るべき映画「セントアンナの奇跡」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 4
    今日からスタート 「スパ&ウエルネスウィーク」で美と癒しのサロンへ
  • 5
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 6
    今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
  • 7
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 8
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 9
    ますます充実、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」
  • 10
    ブルーノート東京30周年記念  2018年10月8日(月・祝) “ワンマン・オーケストラ”天才ジェイコブ・コリアー 本邦初のスペシャル・ステージ!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加