建築家・谷尻誠 meets オルセー美術館展2010

2010年 8月 14日 17:22 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日に閉幕を控え、連日長蛇の列が続く「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」。12日には遂に入場者数が70万人を超えたという。今回は新進気鋭の建築家・谷尻誠氏と展覧会を鑑賞、インプレッションを聞いた。ひとりのクリエイターとして展覧会をどう観たのか。時代を超えて感じるクリエイションの力、空間構成の及ぼすさまざまな効用など、さまざまな視点から聞いた。

建築家・谷尻誠氏

—会場の冒頭、モネの作品では、時間をかけて鑑賞されていましたね。

 もともとモネは好きなんです。モネの中でも、睡蓮のシリーズは特に好きですね。これまでに観た中では、直島の地中美術館にある「モネの部屋」がとにかく好きで… 空間と絵が非常に合っていることに、ものすごく感動したのを覚えています。

 今回の展覧会では、チャプターごとに背景の壁面にいろんな色が使われているのに驚きました。いろんな作家の絵が飾られているのに、なぜか背景がしっくりきているというのが、とても新しい感覚だと思いましたね。僕らは普通に考えると「色を使ったら作品を邪魔してしまうのではないか」という感覚の方が先に立ってしまうので… とても新鮮でした。

Related article

  • パリの街角vol.13『エロトクリトス with シンスケ』
    パリの街角vol.13『エロトクリトス with シンスケ』
  • 【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
    【速報】 銀座三越 「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • その名に恥じぬ一歩を。第27回東京国際映画祭の全容
    その名に恥じぬ一歩を。第27回東京国際映画祭の全容
  • 15日まで、ホンマタカシ「Satellite 9」展
    15日まで、ホンマタカシ「Satellite 9」展
  • フォトグラファー・佐藤博信、「日本人としての自分視点で美しさを感じてほしい」
    フォトグラファー・佐藤博信、「日本人としての自分視点で美しさを感じてほしい」
  • Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」
  • 2
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 3
    長山智美のムームー日記SP「Casa BRUTUS Cafe @ SELANでデザイングルメ」
  • 4
    思考をずらす笑いの視点、福田繁雄大回顧展
  • 5
    「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
  • 6
    三宅一生×深澤直人×佐藤 卓、安藤忠雄インタビュー
  • 7
    ピエール・エルメ×マタリ・クラッセ、夢の調理器具
  • 8
    東京デザイナーズウィーク速報2 100% design tokyo
  • 9
    日本初上陸、フランス香水メゾン「リゴー」のキャンドル
  • 10
    インスタントフィルムに満たされる、荒木経惟による「淫夢」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加