桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭

2010年 9月 17日 15:15 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 女木島の中心からバスで10分程度山を登ると、鬼の洞窟と呼ばれる「鬼ヶ島大洞窟」。ここは、通常は観光地として親しまれているところで、桃太郎伝説が伝えられる地だ。全長約400m、面積は約4,000平方メートルの洞窟である。夏でも冬でも洞窟の中は摂氏15度。ひとときの涼をもたらしてくれるが、少し肌寒くも感じられる。


 この洞窟は人工で掘られたもので、岩壁を見ると削った跡が分かる。鬼が住んでいて、桃太郎が鬼退治にやってきたと伝えられるが、海賊が使っていたという説もある。ひんやりとした洞窟の中を進んでいくと作品に遭遇する。サンジャ・サソの「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」だ。

「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」サンジャ・サソ

 サンジャ・サソはクロアチアのアーティスト。真鍮のワイヤーで網目状に組まれた人体が、宙に浮いたようなかたちで展示されている。暗がりのなかに浮かぶワイヤーの彫刻は、鬼のいけにえとなった女性なのだろうか。人体のところどころが破れており、鬼による虐待を連想させる。洞窟という非日常の空間神話の世界に浸るのも悪くない。


※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 10月10日、軽井沢千住博美術館が開館
    10月10日、軽井沢千住博美術館が開館
  • アート好きは、この秋必見「ハーブ&ドロシー」
    アート好きは、この秋必見「ハーブ&ドロシー」
  • 「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
    「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
  • 写真家と画家の旅の記録|石川直樹+奈良美智展「ここより北へ」
    写真家と画家の旅の記録|石川直樹+奈良美智展「ここより北へ」
  • 目からウロコの発見、クラスカで「みやげもん展」
    目からウロコの発見、クラスカで「みやげもん展」
  • 東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展
    東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 4
    バカラ・アルクール×nendoの魅力を、佐藤 オオキが語る
  • 5
    ミラノサローネプレビュー、吉岡徳仁「MOROSO新作」
  • 6
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場
  • 7
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 8
    音楽と羊羹のコラボ|おいしいMade in Japan#06
  • 9
    フォトギャラリー:新型フェラーリ「フェラーリ・カリフォルニア」
  • 10
    浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加