桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭

2010年 9月 17日 15:15 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 女木島の中心からバスで10分程度山を登ると、鬼の洞窟と呼ばれる「鬼ヶ島大洞窟」。ここは、通常は観光地として親しまれているところで、桃太郎伝説が伝えられる地だ。全長約400m、面積は約4,000平方メートルの洞窟である。夏でも冬でも洞窟の中は摂氏15度。ひとときの涼をもたらしてくれるが、少し肌寒くも感じられる。


 この洞窟は人工で掘られたもので、岩壁を見ると削った跡が分かる。鬼が住んでいて、桃太郎が鬼退治にやってきたと伝えられるが、海賊が使っていたという説もある。ひんやりとした洞窟の中を進んでいくと作品に遭遇する。サンジャ・サソの「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」だ。

「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」サンジャ・サソ

 サンジャ・サソはクロアチアのアーティスト。真鍮のワイヤーで網目状に組まれた人体が、宙に浮いたようなかたちで展示されている。暗がりのなかに浮かぶワイヤーの彫刻は、鬼のいけにえとなった女性なのだろうか。人体のところどころが破れており、鬼による虐待を連想させる。洞窟という非日常の空間神話の世界に浸るのも悪くない。


※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • トラフ「空気の器」、写真家・瀧本幹也バージョンを個展にて発表
    トラフ「空気の器」、写真家・瀧本幹也バージョンを個展にて発表
  • おしゃれスタンプを押しに品川駅へ!「DB in STATION」
    おしゃれスタンプを押しに品川駅へ!「DB in STATION」
  • 今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」
    今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」
  • デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展
    デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展
  • 「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ベロニカとの記憶 【今週末見るべき映画】
  • 2
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 3
    運動不足を解消する、スタンディングデスク Sit & Stand®
  • 4
    メルセデス・ベンツ Cクラスに2つの特別仕様車
  • 5
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
  • 6
    「今週末見るべき映画」2016年を振り返って選んだ10本
  • 7
    佐野文彦氏が語る、デロンギ「マルチダイナミックヒーター」の『大人時間』
  • 8
    ダンケルク 【今週末見るべき映画】
  • 9
    「RITRATTI」の秋冬は進化したスターカップに注目!
  • 10
    ラルフ・ローレンのクラシックカーコレクション

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加