メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展

2010年 9月 29日 16:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 地上20メートルの高さに設置された茶室「スカイ・イズ・ザ・リミット」(2008年、韓国)や、危険でハイブリッドなブランコ型アーバン・ファニチャー「ダブル・ハピネス」(2009年、香港)など、建築からアートにまたがる幅広い領域に作品を展開しつづける建築家ディディエ・フィウザ・フォスティノ氏による展覧会が東京・銀座のメゾンエルメス8Fフォーラムで開催中だ。


© Nacása & Partners Inc. / Courtesy of the Fondation d'entreprise Hermés

 パリとリスボンを拠点に、建築事務所「Bureau des M é sarchitectures」を率いて制作活動を行うディディエ・フィウザ・フォスティノ氏は、2000年のヴェネツィア建築ビエンナーレへの出展作品「輸送中の身体」で国際舞台への衝撃的なデビューを果たした。日本でも2008年に開催された横浜トリエンナーレにノミネートされ、同時開催のH BOXの設計者として広く紹介されている。

© Nacása & Partners Inc. / Courtesy of the Fondation d'entreprise Hermés

 フランスにおいても、その年もっとも活躍した建築家に与えられる「ドゥジャン賞」を受賞(2010年)し、現在その活動に対する注目は世界的に高まっている。

 今回、エルメス財団の依頼で企画した本展のタイトル「Agnosian Field」は、「認識不可能な場」を意味したもの(「Agnosian」の語源「agnosia」は心理学用語で失認・認知不能の意を持つ)。フォスティノ氏は、ガラスブロックに包まれたメゾンエルメス8Fフォーラムの現代的な建築物の内側で、音楽やドローイングなど異なる表現をそれぞれの「場」として媒介させながら、わたしたちの認識のなかにある「建築」を消去することを試みている。

Related article

  • 「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
    「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
  • 今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
    今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
  • ライカ D-LUX 4に限定1000台のチタンモデル
    ライカ D-LUX 4に限定1000台のチタンモデル
  • 今週末見るべき映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」
    今週末見るべき映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」
  • スペクタクル感溢れる映像展|第7回恵比寿映像祭レポート
    スペクタクル感溢れる映像展|第7回恵比寿映像祭レポート
  • 濱田庄司の生誕120年記念展
    濱田庄司の生誕120年記念展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 2
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 3
    お供バッグは小さく、機能的が決め手/コーチ、洗練のメンズアイテム(4)
  • 4
    今週末見るべき映画「預言者」
  • 5
    今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
  • 6
    あのクリエイターに今、ききたいこと。坪井浩尚さん/プロダクトデザイナー
  • 7
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 8
    錦織圭、闘魂の赤を語る。タグ・ホイヤーの日本限定モデル”Air-K”。
  • 9
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 10
    【特別インタビュー】美容室assort KEN KOBAYASHI × MOROCCANOIL

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加