銅の精錬で栄えた島に「家プロジェクト」:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 10日 17:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 100年ほど前、銅の精錬所「犬島精錬所」が開設され、最盛期には工員やその家族で人口3,000人を越えていた犬島。しかし、銅の価格が大暴落し、わずか10年ほどで精錬所は閉鎖、跡地はそのままの状態で長く放置されていた。2010年現在の犬島の人口は、55人。小中学校が閉鎖され、世帯の高齢化が進む中、2001年に精錬所跡地に、新たな地域創造のモデルとして循環型社会を意識した「犬島アートプロジェクト」が始まった。その第一期に公開された施設が、2008年4月にオープンした犬島アートプロジェクト「精錬所」だ。


 「精錬所」のキーワードは「産業遺産・建築・現代アート・環境」。近代化産業遺産である遺構をそのままの形で保存しながら、三分一博志氏による建築と、その建築と一体になった形で展開する柳幸典氏のアートワークを設置している。ほぼそのままの形で残されている巨大な煙突や発電所、精錬過程で発生する鉱滓からなるカラミ煉瓦で造られた工場は、圧倒的な存在感を放つ。


※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
    今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
  • 東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
    東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
  • 熊野を撮り続ける、鈴木理策「CONTACT」展
    熊野を撮り続ける、鈴木理策「CONTACT」展
  • 東西文化の融合、ドビュッシーと浮世絵
    東西文化の融合、ドビュッシーと浮世絵
  • 必見のウインドウディスプレイ、シャネル銀座が5周年
    必見のウインドウディスプレイ、シャネル銀座が5周年
  • 10月8日(月)、1日限りの『六本木アートカレッジ』
    10月8日(月)、1日限りの『六本木アートカレッジ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 5
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 6
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 7
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」
  • 8
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 9
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 10
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加