世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 10日 17:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 高松港から豊島の家浦港まではフェリーで約30分。島の作品は大きく5つのエリアに分かれている。まずは家浦港の周辺地区、そこから北回りに硯(すずり)地区、唐櫃岡(からとおか)地区、唐櫃浜地区、少し南下して甲生(こう)地区。島を巡回しているバス(40分間隔)があるので、それを効率よく利用するとスムーズにまわれる。

「心臓音のアーカイブ」クリスチャン・ボルタンスキー

 豊島のテーマは「食と農」。島の豊かな自然と、地元の料理、島民の「ふるまい」の習慣、小さな島ならではの風景と現代アート、そしてゆっくりとくつろげるレストランをうまく予定に組み込んで、島をまるごと堪能したい。目玉となるのは、恒久展示として建設された2つの美術館だろう。クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」と、内藤礼×西沢立衛の「豊島美術館」(10月17日(日)午前10時開館予定)。

 まずは、クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」へと向かおう。唐櫃浜地区のバス停から松林の中を少し歩く。すると、王子ヶ浜という海岸の少しせり出したところに、美術館はある。


 「心臓音のアーカイブ」は、9ヵ国・1万5千人を超える人たちの心臓音を集め、それを収蔵した作品。ボルタンスキー氏は「好きな人の写真をアルバムにする代わりに、心臓音を聞いたらどうだろうと思いスタートし、5年程前から本格的に音を集め始めた」という。美術館は鉄骨の平屋造りで、外壁には墨で塗ったような焼杉が使用されている。焼杉は、瀬戸内海周辺では良く使われている和風建築の外壁材だ。

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 今週末見るべき映画「恋するリベラーチェ」
    今週末見るべき映画「恋するリベラーチェ」
  • パス ザ バトン表参道で、ミナ ペルホネンx『Mare e Bosco~海と森~』開催中
    パス ザ バトン表参道で、ミナ ペルホネンx『Mare e Bosco~海と森~』開催中
  • 今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
    今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
  • 大きなエネルギーを宿したオノ・ヨーコからの祈り
    大きなエネルギーを宿したオノ・ヨーコからの祈り
  • へうげもの×CLASKA 「へうげて暮らすか」
    へうげもの×CLASKA 「へうげて暮らすか」
  • クリエーターたちが結集、「銀座グランドホテル」オープン
    クリエーターたちが結集、「銀座グランドホテル」オープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2010、現地レポート
  • 2
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 3
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 4
    Wホテル台北 開業1周年はバレンタインデー、ホットでセレブなステイを約束するキャンペーン
  • 5
    Rhizomatiks Architecture×Salyu 1000人だけが体験できる1夜限りのシークレットイベント 『日田の山と川と光と音』 平成30年10月27日(土)
  • 6
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 7
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 8
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 9
    フォルクスワーゲン・ザ・ビートルの新バリエーション「ザ・ビートル カブリオレ」
  • 10
    ザ・コンランショップの「買いやすい」新アイテム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加