世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 10日 17:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 高松港から豊島の家浦港まではフェリーで約30分。島の作品は大きく5つのエリアに分かれている。まずは家浦港の周辺地区、そこから北回りに硯(すずり)地区、唐櫃岡(からとおか)地区、唐櫃浜地区、少し南下して甲生(こう)地区。島を巡回しているバス(40分間隔)があるので、それを効率よく利用するとスムーズにまわれる。

「心臓音のアーカイブ」クリスチャン・ボルタンスキー

 豊島のテーマは「食と農」。島の豊かな自然と、地元の料理、島民の「ふるまい」の習慣、小さな島ならではの風景と現代アート、そしてゆっくりとくつろげるレストランをうまく予定に組み込んで、島をまるごと堪能したい。目玉となるのは、恒久展示として建設された2つの美術館だろう。クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」と、内藤礼×西沢立衛の「豊島美術館」(10月17日(日)午前10時開館予定)。

 まずは、クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」へと向かおう。唐櫃浜地区のバス停から松林の中を少し歩く。すると、王子ヶ浜という海岸の少しせり出したところに、美術館はある。


 「心臓音のアーカイブ」は、9ヵ国・1万5千人を超える人たちの心臓音を集め、それを収蔵した作品。ボルタンスキー氏は「好きな人の写真をアルバムにする代わりに、心臓音を聞いたらどうだろうと思いスタートし、5年程前から本格的に音を集め始めた」という。美術館は鉄骨の平屋造りで、外壁には墨で塗ったような焼杉が使用されている。焼杉は、瀬戸内海周辺では良く使われている和風建築の外壁材だ。

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭
    汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭
  • 開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
    アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
  • 陶作家ルーシー・リィーなど「U-Tsu-Wa / うつわ」展が開催
    陶作家ルーシー・リィーなど「U-Tsu-Wa / うつわ」展が開催
  • 瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
    ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 2
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 3
    ジャズ名盤講座第19回「リバーサイド編 Part2」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 4
    表参道に「カカオサンパカ」初のカフェ併設2号店
  • 5
    今週末見るべき映画「フード・インク」
  • 6
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 7
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 8
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 9
    大手町「iiyo!!」にパリNo.1フレーバーティが上陸
  • 10
    今週末見るべき映画「イーダ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加