世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 10日 17:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 高松港から豊島の家浦港まではフェリーで約30分。島の作品は大きく5つのエリアに分かれている。まずは家浦港の周辺地区、そこから北回りに硯(すずり)地区、唐櫃岡(からとおか)地区、唐櫃浜地区、少し南下して甲生(こう)地区。島を巡回しているバス(40分間隔)があるので、それを効率よく利用するとスムーズにまわれる。

「心臓音のアーカイブ」クリスチャン・ボルタンスキー

 豊島のテーマは「食と農」。島の豊かな自然と、地元の料理、島民の「ふるまい」の習慣、小さな島ならではの風景と現代アート、そしてゆっくりとくつろげるレストランをうまく予定に組み込んで、島をまるごと堪能したい。目玉となるのは、恒久展示として建設された2つの美術館だろう。クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」と、内藤礼×西沢立衛の「豊島美術館」(10月17日(日)午前10時開館予定)。

 まずは、クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」へと向かおう。唐櫃浜地区のバス停から松林の中を少し歩く。すると、王子ヶ浜という海岸の少しせり出したところに、美術館はある。


 「心臓音のアーカイブ」は、9ヵ国・1万5千人を超える人たちの心臓音を集め、それを収蔵した作品。ボルタンスキー氏は「好きな人の写真をアルバムにする代わりに、心臓音を聞いたらどうだろうと思いスタートし、5年程前から本格的に音を集め始めた」という。美術館は鉄骨の平屋造りで、外壁には墨で塗ったような焼杉が使用されている。焼杉は、瀬戸内海周辺では良く使われている和風建築の外壁材だ。

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
    今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
  • 野村仁回顧展「変化する相—時・場・身体」
    野村仁回顧展「変化する相—時・場・身体」
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(4)
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(4)
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
    さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「ブンミおじさんの森」
  • 2
    速報・ミラノで世界最高のデザインを見る―家具見本市やイベントが開催
  • 3
    20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
  • 4
    フォトギャラリー:マリメッコのニューヨーク店
  • 5
    「戦後日本住宅伝説―挑発する家・内省する家」、開催中
  • 6
    坂本龍一が語る「ルイ・ヴィトンの森」
  • 7
    快晴のFujiを快走。VWフェスト 2014
  • 8
    スウェーデン発「デザイン・バーベキューガスグリル」
  • 9
    次期スカイライン・クーペがNYでデビュー
  • 10
    今週末見るべき映画「コミュニストはSEXがお上手?」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加