世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 10日 17:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボルタンスキー氏は、主に「人の不在」や「死者へのオマージュ」「場所の記憶」「物に宿る記憶の復元」「個人の記憶の共有」などを主題とした作品作りをしている。例えば、ドクメンタ5出展の「D家のアルバム(1939-1964)」という作品では、知人から家族写真が入っている箱を借りてその中から150枚ほどをセレクトし、写真に写っている人たちの関係性を想像しながら家族の姿を再構成した。

クリスチャン・ボルタンスキー氏

 また「モニュメント」(1985)では、自分の小学校の時の同級生の写真を墓碑のように静謐に並べ直した。これはその当時の子ども時代、その瞬間の彼らはすでに死んでおり記憶の中にある。そんな「死者たち」にボルタンスキーはオマージュを捧げる。最近の作品では、「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」において、廃校となった小学校を使った「最後の教室」が記憶に新しい。雪の中に閉ざされた閉塞感、学校という場所への思い出を大規模なインスタレーションで表現した。

 館は3つのパートに分かれる。まずは、メインの展示室だ。まずここに入ると、電光掲示板に「録音日付、採集地、名前、メッセージ」が表示されている。展示室の中に入ると、真っ暗な狭い通路の少し先の方に電球がぶら下がっている。そして「ドカッドカッドカッ…」と大音量で、世界のどこかの誰かの心臓音が展示室中に響く。その音に同期して、電球が明滅する仕掛けだ。

クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」 写真:久家靖秀

 20mほどあるだろうか、真っ暗な中を通路の奥までおそるおそる歩く。奥まで行くと少しずつ目が慣れてきて周りの景色が見えてくる。壁に真っ黒なオブジェが並ぶ。これは、いまはこの場所にいない蓄積された心臓音の主であるとも言えるし、この通路を通っていった人を映し出す鏡とも言える。自分の心臓の音は走った直後とか素敵な人に会った時などに感じることはあるだろうが、他人の心臓の音なんて聞く機会はなかなかない。近しい人ならともかく、一度も会ったことのない他人の心臓の音なんてなおさらである。

 じっと聞いているとなかなか面白く、非常に可愛らしく「トクットクットクッ」と鳴っている人もいれば、何かの爆発音のような激しい人もいる。暗闇に入ったときには、不安が入り交じり怖くも感じるが、しばらく聞いているとなんだか落ちつくような気分にさえなる。母親の胎内の記憶が呼び覚まされているのだろうか。

Related article

  • 銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
    銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
    イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
  • 建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
    世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
  • 花に変容をもたらす魔法の小箱、東信の個展
    花に変容をもたらす魔法の小箱、東信の個展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 3
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 4
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 5
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 6
    フォトギャラリー:クリストとジャンヌ=クロード展が開幕
  • 7
    【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 8
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 9
    世界のセレブが愛用、英国発「エレミス」日本初上陸
  • 10
    クラシックに触れる日、プーランク没後50年

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加