『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 12日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 島の南に広がる甲生(こう)地区、棚田がひとつの風景となって美しい光景を生み出している。塩田千春氏の作品は、この地区の廃校となった小学校の体育館を使って展開されている。

「遠い記憶」塩田千春

 塩田千春氏は、ドイツを拠点に活動している。泥がついた服をシャワーで流し続ける「皮膚からの記憶」や、家中を毛糸でがんじがらめに覆った「家の記憶」といった、人の心の中で絶対に消えていかない生まれながらにして染みついているような記憶とその痕跡にかかわる作品を多く作りだしてきた作家。そんな塩田氏が今回取り組んだのは、島の廃校を使った「遠い記憶」という作品だ。


 扉を組み合わせて造ったトンネルが体育館の脇を突き抜けて、その向こうまで見えるようになっている。作品について塩田氏はこう語った。

「ドアや窓は非常に魅力的なモチーフです、それ1枚あることで内側と外側を隔てるものにもなるし、格子を重ねた時の光の透け感がすごくキレイ。このドアや窓は町長さんが率先し、住民の方々も皆協力して集めてくださった、400枚までは数えていたんですが、たぶんもう600枚くらいになっているのではないでしょうか」

 トンネルの向こうには、美しい田んぼがあった。


「奥の田んぼも、最初に見たときには何も生えていなかったんです。ですが、ここに作品を設置して奥に見えるということが分かった後で住民の方が稲を植えてくれて。そのような形で私たちアーティストが来ることで地元の人たちが変わっていく姿が見えたのが非常に印象に残っています」

 島の人びとの記憶を新しい形で紡ぎなおし、新しい一歩を踏み出した作品は住民の人たちの新しい記憶となって積み重なっていくだろう。

Related article

  • 今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
    今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(2)
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(2)
  • 今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」
    今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」
  • パリにみる、ファッションルックの競演(2)
    パリにみる、ファッションルックの競演(2)
  • 「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」、開催中
    「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」、開催中
  • ビブリオファイル Cruising 10月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 10月のおすすめ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第4回「パシフィック・ジャズ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 3
    デザインマイアミ/バーゼル2010 詳細レポート
  • 4
    大人のためのあみぐるみ。タカモリ・トモコさんインタビュー。
  • 5
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 6
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 7
    新型グランツーリスモ「フェラーリ・カリフォルニア」価格発表
  • 8
    アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
  • 9
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加