汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 12日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 島の南に広がる甲生(こう)地区、棚田がひとつの風景となって美しい光景を生み出している。塩田千春氏の作品は、この地区の廃校となった小学校の体育館を使って展開されている。

「遠い記憶」塩田千春

 塩田千春氏は、ドイツを拠点に活動している。泥がついた服をシャワーで流し続ける「皮膚からの記憶」や、家中を毛糸でがんじがらめに覆った「家の記憶」といった、人の心の中で絶対に消えていかない生まれながらにして染みついているような記憶とその痕跡にかかわる作品を多く作りだしてきた作家。そんな塩田氏が今回取り組んだのは、島の廃校を使った「遠い記憶」という作品だ。


 扉を組み合わせて造ったトンネルが体育館の脇を突き抜けて、その向こうまで見えるようになっている。作品について塩田氏はこう語った。

「ドアや窓は非常に魅力的なモチーフです、それ1枚あることで内側と外側を隔てるものにもなるし、格子を重ねた時の光の透け感がすごくキレイ。このドアや窓は町長さんが率先し、住民の方々も皆協力して集めてくださった、400枚までは数えていたんですが、たぶんもう600枚くらいになっているのではないでしょうか」

 トンネルの向こうには、美しい田んぼがあった。


「奥の田んぼも、最初に見たときには何も生えていなかったんです。ですが、ここに作品を設置して奥に見えるということが分かった後で住民の方が稲を植えてくれて。そのような形で私たちアーティストが来ることで地元の人たちが変わっていく姿が見えたのが非常に印象に残っています」

 島の人びとの記憶を新しい形で紡ぎなおし、新しい一歩を踏み出した作品は住民の人たちの新しい記憶となって積み重なっていくだろう。

Related article

  • 街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
    インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
  • 落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • セロテープ誕生60年記念 瀬畑亮 セロテープアート展
    セロテープ誕生60年記念 瀬畑亮 セロテープアート展
  • GWは、ホテルオークラで世界のガーデニングを体験
    GWは、ホテルオークラで世界のガーデニングを体験
  • 「スイーツ&サイエンス」 ピエール・エルメ・パリの新作
    「スイーツ&サイエンス」 ピエール・エルメ・パリの新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加