汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 12日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 唐櫃岡(からとおか)には、奇妙な家があった。「藤島八十郎の家」という看板のある家だ。これは藤浩志氏と管巻三十郎による作品なのだが、藤島八十郎とは……。ひとまず中に入ってみることにする。

「こんにちは藤島八十郎」藤浩志

 この作品は架空の絵本作家である藤島八十郎が住んでいる家という設定で、会期中を通じて藤島八十郎の暮らしや活動を発信し、観客と一緒になって一人の人物像を造りだして行く、一風変わった作品である。このプロジェクトは、ブログでも随時情報が発信されている。

ブログ「藤島八十郎をつくる。」


 藤島八十郎は絵本作家になりたくてものがたりを探している。しかしうまく話ができないので島の人にいろんな話を聞いて家に帰ってくる。家の中には、八十郎の人物像を作り上げるさまざまなヒントが隠されている。例えば本棚。そこは彼の思考の変遷と言ってもいいくらい、植物、自然、文学、歴史、さまざまな本が並ぶ。


 そしておもちゃ。これも八十郎を作り上げるのに重要な要素だ。家というのは面白い。そこにあるモノの種類やその並べ方を見ているだけで、どんな人物なんだろうかとイマジネーションが浮かんでくる。藤浩志氏はこの作品について

「架空の人物を作り上げるということで、島の中に新しい活動が発生していく仕組みを作っていこうと思っています。八十郎の人物は、僕と管巻三十郎の2人が中心となって作り上げていきます。管巻三十郎は芸術祭の期間中、八十郎の家に住み込んで、新しい活動を起こし、その記録をとり続けます」

藤浩志氏

 「プロジェクトは何をやるかも大事だけれど、それをドキュメントとしてどう残していくかが大事」と藤氏は言う。藤島八十郎というフィクションものがたりと、その架空の人物を介して新しく生み出されていくノンフィクションのものがたりをどう融合しドキュメントしていくのか。そして、芸術祭の後にこのものがたりをどう昇華(収束)させるのか、行方が気になる作品である。

Related article

  • 今週末見るべき映画「きっと、星のせいじゃない。」
    今週末見るべき映画「きっと、星のせいじゃない。」
  • 吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
    吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
  • 21_21 DESIGN SIGHT「200∞年 目玉商品」展
    21_21 DESIGN SIGHT「200∞年 目玉商品」展
  • NYのアーティストKRが「Levi’s(R)」とのコラボで初来日
    NYのアーティストKRが「Levi’s(R)」とのコラボで初来日
  • 崖の中の…恐竜? 壮大な太古の風景
    崖の中の…恐竜? 壮大な太古の風景
  • フォトギャラリー:会田誠 展 「絵バカ」
    フォトギャラリー:会田誠 展 「絵バカ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 2
    アラーキーこと荒木経惟の、世界最大のポラロイドカメラを使用した写真展が開催
  • 3
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • 4
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • 5
    トーネットの名作、ブラック&ホワイトの記念モデル
  • 6
    さらりとした貫禄。VWトゥアレグV6|試乗レポート
  • 7
    日本発のユニークな新家具ブランド、アルティ
  • 8
    神保町のレトロ空間に誕生、「51%Tokyo」とは。
  • 9
    スウェーデンを代表する陶芸家、リサ・ラーソンの魅力を一挙に紹介する企画展開催
  • 10
    「TIME & STYLE」の2012新作ダイニングテーブル

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加