汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 12日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 海辺の方に歩いていくと、海にせり出した石造りの桟橋から「ぼえー、ぼえー」となにやら音が聴こえてくる。キャメロン・ロビンズの「潜在意識下の海の唄」である。配管に使われるようなパイプがジョイントされており、そこに穴が開けられている。


「潜在意識下の海の唄」キャメロン・ロビンス

 長いパイプは下の部分が海に浸かっており、波の力で空気がパイプに入ってきて音を奏でるのだ。音のパイプは3本。木管楽器の低音、民族楽器にありそうなお腹に響く音がする。パイプのジョイント部分を動かすことで、音程を変えることもできる。波の音と呼応しているのだが、微妙にタイミングが遅れるので、面白いハーモニーがそこで作り出される。二度と同じ演奏はできないだろう。


【DATA】
公式ガイドブック・サイト:H1エリア~H5エリア

島内での交通は、芸術祭会期中のみ走る無料バスを利用できる。(自動車などの乗り入れは遠慮したい)バスは島内を一周する環状線で西回りと東回り、約40分に1本間隔で運行されている。豊島に向かうフェリーは4つの航路があり、高松からは高松~直島(本村)~豊島(家浦)が便利。

作品鑑賞可能時間=9:00~17:00、無休

島の案内所
H1エリア:香川県小豆郡土庄町豊島家浦3841-21
tel.090-7783-1524(8:30~17:00)

H4エリア:香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃2530-25
tel.090-7783-2895(8:30~16:30)

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

取材/上條桂子 撮影/根田拓也

Related article

  • ブルーノ・ムナーリにオマージュを捧げる照明
    ブルーノ・ムナーリにオマージュを捧げる照明
  • 開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
    アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
  • 陶作家ルーシー・リィーなど「U-Tsu-Wa / うつわ」展が開催
    陶作家ルーシー・リィーなど「U-Tsu-Wa / うつわ」展が開催
  • 瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
    ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 2
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 3
    ジャズ名盤講座第19回「リバーサイド編 Part2」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 4
    表参道に「カカオサンパカ」初のカフェ併設2号店
  • 5
    今週末見るべき映画「フード・インク」
  • 6
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 7
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 8
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 9
    大手町「iiyo!!」にパリNo.1フレーバーティが上陸
  • 10
    今週末見るべき映画「イーダ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加