ミナ ペルホネン15周年記念展のテーマは「進行中」

2010年 10月 14日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「特別な日常服を作りたい」そんな考え方で、皆川明氏がミナ ペルホネンを立ち上げたのが1995年。今年で15周年を迎える。ミナ ペルホネンのものづくりの原点を振り返る展覧会「進行中」が、今年25周年を迎えるスパイラルガーデンにて開催されている。


 スパイラルガーデンは、ミナ ペルホネンが2002年に初個展「粒子 exhibition of minä's works」を行った場所だ。あれから8年、オリジナルの生地にこだわり、全く変わらないものづくりの姿勢と、変わりながら蓄積していくデザインと経験、その両方が積み上がり、まだまだ「進行中」なのだ。

 デザイナーの皆川氏からのコメント。

「今回は、こんな展覧会を開催することができて、本当に胸がいっぱいです。ありがとうございます。15周年というのはすごくうれしいことなんだけれども、日数にしてみればたかが5000日程度のこと。これからずっとずっと続いていくためには、常に未来を見ていかねばならないと感じています。今回スパイラルが25周年を迎え、新たなロゴのコンセプトを「縁(en)」とされていますが、「縁」と言う言葉には二つの意味があると思っていまして、100年先も続いていく「縁」と一期一会の「縁」、この二つの縁に導かれてここまでこられたと思っているし、これからも続けていきたい。ファッションブランドとして紡いできた糸は自然と繋がっています。工場のみなさんやスタッフと培ってきたものづくりのプロセスを今後も続けていきたい。展示タイトルの「進行中」というのは、タイトル通りの意味で「今この地点におります、これからもこの世に物を作り続けていきます」という意味です。軸足をぶらさずに、自分たちがやれることをやっていく。これだけです」

Related article

  • 広大な宇宙へ、内なる旅へ誘う「光」
    広大な宇宙へ、内なる旅へ誘う「光」
  • iPadに「デジタルクラフトの世界。」を無料配信開始
    iPadに「デジタルクラフトの世界。」を無料配信開始
  • Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
  • 「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
  • 来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修
    来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修
  • 世界で一脚のイームズチェアがオークションに
    世界で一脚のイームズチェアがオークションに

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #3 TIDE Marketでお買い物
  • 3
    建築家デイヴィッド・チッパーフィールドによるアレッシィ新作
  • 4
    アートバーゼル42 現地レポート
  • 5
    今週末見るべき映画「ハゲタカ」
  • 6
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 7
    今週末見るべき映画「カンパニー・メン」
  • 8
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う 【今週末見るべき映画】
  • 9
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 10
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加