坂・路地・石垣をめぐってアートに出会う:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 15日 12:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加


 男木島では日本人を中心に17組のアーティストが作品を展開しているが、そのほとんどが細い路地をたどりながら、石段や坂道を登って到達できる場所にある。島には平地がほとんどなく、斜面に密集して民家が建ち並んでいるため、その合間を縫うように細い路地が階段状につらなっているのだ。急な勾配が少々つらいが、路地を探険するような気持ちで出かけてみてほしい。

「男木島の魂」ジャウメ・プレンサ

 最初に迎え入れてくれる作品は、船を降りてすぐ。スペイン出身のアーティスト、ジャウメ・プレンサ氏の「男木島の魂」だ。プレンサ氏自身がデザインし、7月2日にオープンしたばかりの「高松市男木交流館」でもある作品は、屋根に日本語やアラビア語、ヘブライ語、中国語などの文字が絡み合うように並んで、文字の影が地面に投影される仕掛けとなっている。


 屋根も含めて四方をガラスで作った立方体の交流館はたいへん美しく、その姿を映し出す水盤が周囲に配置されており、男木島の美しいエントランスといった雰囲気を醸し出している。夜間はライトアップされ、昼間とはまた違った、幻想的な姿を見せてくれる。

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
    Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
  • 真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
    真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
  • ディスプレイを題材にした展覧会「THIS PLAY!」がスタート
    ディスプレイを題材にした展覧会「THIS PLAY!」がスタート
  • パス ザ バトン表参道で、ミナ ペルホネンx『Mare e Bosco~海と森~』開催中
    パス ザ バトン表参道で、ミナ ペルホネンx『Mare e Bosco~海と森~』開催中
  • フォトギャラリー: 伊勢丹新宿店  DESIGNTIDE TOKYO 2012
    フォトギャラリー: 伊勢丹新宿店  DESIGNTIDE TOKYO 2012
  • 最古にして、最先端。「道後オンセナート 2014」が今春グランドオープン
    最古にして、最先端。「道後オンセナート 2014」が今春グランドオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「絵画の在りか」を探す、若手ペインター展
  • 2
    iPod nanoをアップデート、縦型で17,800円より
  • 3
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 4
    10月6日より第33回 国民文化祭、第18回 全国障害者芸術「おおいた大茶会」開催!
  • 5
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から
  • 6
    映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
  • 7
    F1級の超軽量・高性能、オーデマ ピゲ2010年新作
  • 8
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 9
    ルイーズ・キャンベルの新作照明
  • 10
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加