「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 16日 22:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月17日、瀬戸内国際芸術祭2010が開催されている香川県の豊島(てしま)に「豊島美術館」が開館する。アーティスト 内藤礼氏と建築家 西沢立衛氏によるもので、豊島の唐櫃岡(からとおか)地区、瀬戸内海を近くに望む小高い丘の中腹に建設された。

豊島美術館 写真:森川昇

 美術館は水滴のような形の自由曲線による建築で、柱の無い40×60mの広大なコンクリート・シェル構造のワンルーム。高さも最大4.5mほどしかなく、一歩立ち入ると、水平方向の広がりを劇的に感じる。

内藤礼「母型」2010年 写真:森川昇

 豊島美術館で鑑賞できる作品は1点のみ。建築と一体化した「母型」という作品だ。美術館の床に地下水が水滴や水たまりとなって、湧き出る泉のようにランダムに存在し、建物に空いた2ヵ所の大きな穴から風が吹き抜けると、水滴が床をコロコロと踊り、水たまりは形を変化させる。まるで水が自らの意思をもって動いているかのように見える。この空間でしか体験することができない、美しい現象なのだ。

「母型」内藤礼 2010年 地下水、コンクリート、石、リボン、糸、ビーズ 写真:森川昇


記者会見での建築家 西沢立衛氏コメント

Related article

  • Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
    Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
  • 世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 吉岡徳仁の新プロジェクト「虹の教会」が韓国で5月に発表
    吉岡徳仁の新プロジェクト「虹の教会」が韓国で5月に発表
  • 空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • 29日、日本デザイン界最大の交流会が開催
    29日、日本デザイン界最大の交流会が開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 3
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 4
    上質なポートワイン×ショコラを味わうのが、大人の愉しみ
  • 5
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 6
    伊勢丹新宿店 食品フロアが6/13リニューアル
  • 7
    最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
  • 8
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 9
    「MoMA Design Store」が秋冬コレクション発表
  • 10
    日本のアネモネが繋ぐ、時と国を超えたコラボ。ペリエ ジュエ ベル エポック初の限定ボトル登場

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加