元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 25日 18:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 “瀬戸内国際芸術祭”の出発点とも言えるアートの島、直島。1992年のベネッセハウスミュージアム開館から18年、その名は世界に知られ、島を訪れる人の数も飛躍的な伸びを見せている。この数年で新たに追加された作品を中心に紹介したい。


 2006年にオープンしたベネッセハウスの新棟には、2009年、ふたりのアーティストによる作品が追加されている。パーク棟とレストランをつなぐ通路空間に、テレジータ・フェルナンデス氏による「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」(2009年)。そして、パーク棟のホワイエの杉本博司氏による作品群だ。

「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」テレジータ・フェルナンデス Photo:森川昇

 フェルナンデス氏による作品は、半屋外にあたる通路の壁一面に展開している。緩やかにカーブしたペールブルーの壁に、1万5千個にも及ぶガラスキューブ。それはまるで、上から落ちて来る雫の一瞬をとらえるかのように散りばめられている。

「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」テレジータ・フェルナンデス Photo:森川昇

 大小さまざまな大きさのガラスキューブには屋外の風景が映り込むと同時に、鑑賞者自身が映るという仕掛けだ。日の光を効果的に使った作品なので、時間帯によってさまざまな表情を魅せてくれる。通路をゆっくりと、何度でも往復して覗き込みたくなるような作品だ。

「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」テレジータ・フェルナンデス Photo:森川昇

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • Interview:ピエール・シャルパン氏・ジャパンクリエイティブ
    Interview:ピエール・シャルパン氏・ジャパンクリエイティブ
  • 美食の街シンガポールで、ヘルシーステイを
    美食の街シンガポールで、ヘルシーステイを
  • 「Awakening」アーティストインタビュー
    「Awakening」アーティストインタビュー
  • 今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」
    今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」
  • 10周年目のデザインイベント「スウェディッシュ・スタイル」
    10周年目のデザインイベント「スウェディッシュ・スタイル」
  • 【レポート】第一回ヘンタイ美術館、「~どうかしちゃってる天才たち~」
    【レポート】第一回ヘンタイ美術館、「~どうかしちゃってる天才たち~」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • 2
    栩翁S(クオウエス)/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(1)
  • 3
    あのクリエイターに今、ききたいこと。辰野しずかさん/プロダクトデザイナー
  • 4
    フリーペーパー「dictionary」がアートの祭典を開催
  • 5
    煌くクリスマスは、赤とゴールドのツリーで
  • 6
    「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
  • 7
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 8
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(3)/第一回ヘンタイ美術館
  • 9
    あのクリエイターに今、ききたいこと。倉島拓人さん/プロダクトデザイナー
  • 10
    【レポート】伊東豊雄さんデザインのカトラリーを本人と使ってみる

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加