『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 25日 18:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 “瀬戸内国際芸術祭”の出発点とも言えるアートの島、直島。1992年のベネッセハウスミュージアム開館から18年、その名は世界に知られ、島を訪れる人の数も飛躍的な伸びを見せている。この数年で新たに追加された作品を中心に紹介したい。


 2006年にオープンしたベネッセハウスの新棟には、2009年、ふたりのアーティストによる作品が追加されている。パーク棟とレストランをつなぐ通路空間に、テレジータ・フェルナンデス氏による「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」(2009年)。そして、パーク棟のホワイエの杉本博司氏による作品群だ。

「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」テレジータ・フェルナンデス Photo:森川昇

 フェルナンデス氏による作品は、半屋外にあたる通路の壁一面に展開している。緩やかにカーブしたペールブルーの壁に、1万5千個にも及ぶガラスキューブ。それはまるで、上から落ちて来る雫の一瞬をとらえるかのように散りばめられている。

「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」テレジータ・フェルナンデス Photo:森川昇

 大小さまざまな大きさのガラスキューブには屋外の風景が映り込むと同時に、鑑賞者自身が映るという仕掛けだ。日の光を効果的に使った作品なので、時間帯によってさまざまな表情を魅せてくれる。通路をゆっくりと、何度でも往復して覗き込みたくなるような作品だ。

「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」テレジータ・フェルナンデス Photo:森川昇

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
    デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
  • ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
  • ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
    ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
  • 注目のカフェバー・ダイニング「IVY PLACE」レポート
    注目のカフェバー・ダイニング「IVY PLACE」レポート
  • パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』
    パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 3
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 4
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 5
    イタリアの家具ブランド、フレックスフォルムの新作
  • 6
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 7
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 8
    ポルシェ新型グランツーリスモ「パナメーラ」初披露
  • 9
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • 10
    シックな花咲く夏 ベルギー・プリマドンナ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加