瀬戸内アート旅、玄関口の作品も見逃すな:瀬戸内国際芸術祭

2010年 10月 25日 18:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 7つの島を巡る拠点となるのが、それぞれの島への航路がある高松港。空間の中に溶け込む椿昇作品、港の目印にもなる大巻伸嗣作品が、皆さんを出迎えてくれるだろう。港に行く途中でキラキラした建物に遭遇するが、椿昇氏の作品「ピー・アール・オー・エム / P.R.O.M.(Prosthetic Restoration of Our Memory)」だ。

「ピー・アール・オー・エム」椿昇

 建物全体がミラーで覆われていて、上部は空の青さを受けそのまま続いていくように反射し、下部には街の姿が映り混んでいる。このビルは「旧高松港管理事務所」として使われていた場所。椿氏は、この建物の姿を「消す」ことで、地元の人びとの記憶の中にある高松港をよみがえらせたのだ。椿氏は、4月に行なわれた記者会見でこのように語っていた。


「島のいろんな方のお話をヒアリングするところから始めたんですが、皆さんが異口同音に語るのは、高松港に非常に思いが詰まっているということでした。小さな壁のシミひとつとっても、多くの人がこの場所を通って海を行ったり来たりした、大量の記憶が詰まっている。その部分は触れないと思ったんです。また、ここでは多くを語れませんが、港には多くの利害が絡んでいる(笑)。そのように蓄積された時間と記憶を、どう処理するかと考えた時に、『この建物を消そう』と思ったんですね。『消す』というのは完全に壊すのではなく、イリュージョンによって内側と外側から二つの意味で消そうと考えました」


 建物の外壁は表面をミラーで覆い景色や空と一体する。空間の中に溶け込んでいくはずのレリーフや窓のテクスチャーは、すべてをミラー貼りにすることでまわりの風景からは際立ち、その形をあらわにする。そして、暗がりの中に入るとすべてが真っ白く塗られたようになっているが、よく見ると白い塗装の後ろに船の時刻表や看板、周辺の地図などがレリーフ状に残されているのが分かる。

※本記事はiPadに最適化された無料のアプリ「エキサイトイズム for iPad」でも読むことができます。

Related article

  • 銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
    銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
    イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
  • 建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
    世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
  • 花に変容をもたらす魔法の小箱、東信の個展
    花に変容をもたらす魔法の小箱、東信の個展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 7
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 8
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 9
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 10
    フォトギャラリー:クリストとジャンヌ=クロード展が開幕

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加