森美術館、2011年の企画展は?

2010年 11月 4日 18:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 いま一番注目すべきコンテンポラリーアート展を企画する東京・六本木の森美術館が、来年の企画展のプランを発表した。発表当日は、森美術館館長の南條史生氏をはじめ、キュレーター陣が勢ぞろいし次年度への意気込みが伝えられた。

2011年3月18日(金)~7月3日(日)
「フレンチ・ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線」

ブリュノ・ペナド「大きな一つの世界」2000年 発泡スチロール、樹脂、ポリウレタン絵の具、木 240 x 170 x 100cm 所蔵:ポワトゥーシャラント地域現代芸術振興基金 Photo(c)Christian Vignaud

 フランス人のコレクター団体によって設立されたマルセル・デュシャン賞設立10周年を記念する展覧会。デュシャンの代表作「フレッシュ・ウィドウ FRESH WIDOW」(俗にフランスの窓「フレンチ・ウィンドウ FRENCH WINDOW」と呼ばれる)に着想を得て構成される。デュシャンの作品をはじめフランスの現代アートを代表するアーティストの作品が集う。出品作家は、東京都現代美術館の「パラレル・ワールド」で食材を使った大きなオブジェを展示したミッシェル・ブラジー、あいちトリエンナーレにも出品したシプリアン・ガイヤール、越後妻有トリエンナーレで古民家のインスタレーションを行ったクロード・レヴェックなど。

 同時開催されるMAMプロジェクトは、ベルリン在住の作家田口行弘。

田口行弘「モーメント:パフォーマティブス・シュパチィーレン」イベント、ピクニック/バーベキュー 2008 年 ベルリン、クロイツベルグ

Related article

  • 今週末見るべき映画「FRANK -フランク-」
    今週末見るべき映画「FRANK -フランク-」
  • 「越後妻有アートトリエンナーレ2009」注目の新作
    「越後妻有アートトリエンナーレ2009」注目の新作
  • クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに
    クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに
  • 今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
    今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
  • 創作の現場を見つめる写真家の眼。久家靖秀「Atelier」
    創作の現場を見つめる写真家の眼。久家靖秀「Atelier」
  • 今週末見るべき映画「薄氷の殺人」
    今週末見るべき映画「薄氷の殺人」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • 2
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 3
    森本千絵のルーツを巡る。『en°木の実』展レポート
  • 4
    「フォション」超限定企画のエクレア、価格は時価
  • 5
    ジャズ名盤講座第7回「プレスティッジ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
  • 7
    世界のデザイン雑貨最新情報 ドイツ・アンビエンテ/後半
  • 8
    パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 9
    パリ・デザインウィークで釜浅商店がデビュー
  • 10
    「LOVELESS」の姉妹店、「GUILD PRIME渋谷」がオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加