試乗レポート:MINI クロスオーバー

2011年 2月 6日 00:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 おなじみのハッチバック、オープンエアを楽しめるコンバーチブル、そしてシューティングブレークテイストのクラブマンと、そのバリエーションの輪を広げ続けるMINI。昨年は環境性能を向上させた高効率新エンジンの導入や内外装のリデザインなどによってその魅力をさらに高め、販売台数においても2009年を上回る11,338台を記録。そんなMINIのラインナップに新たな顔ぶれが加わった。1月13日に発表された「MINI Crossover(クロスオーバー)」だ。

 MINI クロスオーバーは、MINI史上初となる4ドアスタイリングや同じく初となる4輪駆動システムの採用などを特徴とするMINIのSUVバージョン。ボディサイズは全長4105×全幅1790×全高1550mmと、MINIファミリーの中では最も大きい。そのスタイルも愛嬌に溢れるハッチバックモデルとは少し異なり、オーバーハング気味にセットされた逆台形型のフロントグリルや鋭い視線のヘッドライトデザイン、大胆に張り出したフェンダーアーチなどによって、その体躯にふさわしい迫力が与えられている。

 ラインナップは、搭載エンジンとトランスミッション、駆動方式の違いによる4グレード。直列4気筒自然吸気ユニット搭載モデルが「ONE」(90PS)、「COOPER」(122PS)。そして直噴タイプの直列4気筒ターボユニットを搭載する「COOPER S」(184PS)、そのCOOPER Sをベースとした4輪駆動モデル「COOPER S ALL 4」だ。全てのモデルで6速ATと6速MTを選択可能で、MTモデルは全車エコカー減税(減税率75%)対象車となっている。COOPER SのみATモデルも同減税(減税率50%)対象車だ。今回試乗を行なったのは、ミドルレンジに位置するCOOPERのATモデル(312万円)。 

COOPER S ALL 4

Related article

  • ザッケローニ氏が指揮者に。Audiスペシャル ムービー『日本代表にEngineをかけよう』公開
    ザッケローニ氏が指揮者に。Audiスペシャル ムービー『日本代表にEngineをかけよう』公開
  • BMW、MINIの新しい拠点「MINI 新宿」をオープン
    BMW、MINIの新しい拠点「MINI 新宿」をオープン
  • 「レンジローバー・イヴォーク5ドア」が初公開
    「レンジローバー・イヴォーク5ドア」が初公開
  • VWゴルフにエコカー減税補助金対応モデルが登場
    VWゴルフにエコカー減税補助金対応モデルが登場
  • フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(3)
    フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(3)
  • ポルシェ911の誕生50周年を祝う特別展、「911の50年」開催
    ポルシェ911の誕生50周年を祝う特別展、「911の50年」開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ビジネスマンの節電対策!ニットシャツ一枚になる。
  • 2
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 3
    ミッドセンチュリーモダンなハミルトン「ベンチュラ」限定復刻モデル
  • 4
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 5
    表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
  • 6
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 7
    ライカ×ヴィム・ヴェンダースの必見ショートビデオ
  • 8
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 9
    今週末見るべき映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
  • 10
    現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加