ロールス・ロイスが電気自動車? コンセプトを出展

2011年 3月 30日 16:38 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロールス・ロイス・モーター・カーズは、ジュネーブモーターショーにおいて「ファントム」をベースとしたEVのプロトモデル「102EX」を発表した。102EXはロールス・ロイス内において「ファントム・エクスペリメンタル・エレクトリック(ファントムEE)」とも呼ばれる試作車両。ロールス・ロイス社における代替ドライブトレインを用いた超高級車開発の姿勢を示す1台として出展されたもので、現在のところ製品化は計画されていないという。

 ベースとされるファントムは、最高出力338kW(約453PS)、最大トルク720Nm(約73.4kg-m)の性能を持つ排気量6.75リッターV型12気筒エンジンを搭載する。それに対し102EXは、合計最高出力290kW(約390PS)、最大トルク800Nm(約81.6kg-m)を発生させる、2基のモーターをリヤサブフレームに搭載。160km/hの最高速度と力強い加速性能を備えている。

 バッテリーにはリチウムイオン構造バッテリーの中でも、より性能に優れるNCM(ニッケル・コバルト・マグネシウム)系バッテリーを採用。計116セル・5モジュールかならるバッテリーパックの総重量は640kgに及ぶが、その蓄電容量は乗用EVとしては世界最大となる71kW/hを誇る。充電方法はケーブル接続によるもののほか、物理的な接続をせずに充電が可能な、無線充電用の誘導チャージャーも搭載される。これは、ケーブル接続による充電の不便さの解消や、新たな充電ネットワーク構築の可能性研究のため取り入れられたものだ。

Related article

  • フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 新ポルシェ911ターボ・カブリオレ、試乗レポート
    新ポルシェ911ターボ・カブリオレ、試乗レポート
  • ジャガーX-TYPEに100台の限定モデル
    ジャガーX-TYPEに100台の限定モデル
  • 新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • アウディA3に新エンジン搭載車が登場
    アウディA3に新エンジン搭載車が登場
  • 「ジャガーXJ」が約7年ぶりにフルモデルチェンジ
    「ジャガーXJ」が約7年ぶりにフルモデルチェンジ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 2
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • 3
    今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
  • 4
    世界のデザイン雑貨最新情報 ドイツ・アンビエンテ/後半
  • 5
    パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 6
    パリ・デザインウィークで釜浅商店がデビュー
  • 7
    「LOVELESS」の姉妹店、「GUILD PRIME渋谷」がオープン
  • 8
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 9
    カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
  • 10
    世界最小機械式ムーブメント、ジャガー・ルクルト80周年モデル

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加